Microsoft Edge Tab Sharing
Microsoft

MicrosoftのEdgeブラウザの最新版において、タブ共有機能が有効になっているようです。

Windows系の情報に詳しい海外テックサイトWindows Latestによると、Windows 10およびmac OS向けのEdge最新安定板 v91.0.864.54において、ごく一部のユーザーでタブ共有のメニューが表示され、利用可能になっているとのことです。この機能、4月末にCanaryビルドでテストが行われていました。

共有したいサイトを表示した状態でアドレスバーをクリックすると、共有メニューが表示されます。それを選択すると、同じMicrosoftアカウントでログインしているデバイスの一覧が表示され、リンクを送信できる仕組みです。AndroidやiOSにも送信できますが、いまのところモバイル版ではCanaryビルドのEdgeが必要なようです。なお、共有メニュー自体は、モバイル版ではまだ表示されません。

同様の機能は、2019年にはChromeFirefoxに実装されており、Edgeも約2年遅れでの対応となります。ただ、この機能はもともと7月にリリース予定のバージョン92で実装されると噂されていたもの。一部ユーザーでの展開が始まっているとはいえ、正式リリースはもう少し先になる可能性もありそうです。

Source: Windows Latest