マイクロソフト、家族向けアプリFamily Safetyをプレビューリリース

Windowsも使っているなら便利かも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月12日, 午前 11:45 in Microsoft
0シェア
Microsoft Family Safety

Microsoftが、AndroidとiOS向けに子供のデバイスやアプリの利用状況を確認し、使用時間の制限なども行えるMicrosoft Family Safetyを限定プレビューとして公開しました。

このアプリは、3月末にMicrosoft 365とともに発表されていたもの。GoogleのFamily LinkやAppleのスクリーンタイムと同じ、いわゆるペアレンタルコントロールアプリです。

インストールしたデバイスの使用状況を確認するととともに、特定のアプリやゲームの利用を制限可能。また、位置情報を確認し、地図上に表示することも出来ます。

とはいえ、これらの機能を使うだけであれば、それこそAndroidやiPhoneの機能を使えば済むわけですが、Microsoftアカウントに紐付いているFamily SafetyではWindows 10やXboxの利用状況もチェックできるのがメリットです。利用しているのがEdgeブラウザであれば、本飯にアクセスしているサイトや検索ワードも確認できます。

世間の状況的に、自宅学習でWindows PCを利用しているお子さんも多いと思いますが、勉強そっちのけでMinecraftに熱中していた……なんてことは避けられそうです。

なお、Microsoft Family SafetyはMicrosoftアカウントに紐付けるため、子供の分も含めてMicrosoftアカウントを用意し、かつファミリグループを作成しておく必要があります。

source: Microsoft


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Microsoft, Family Safety, App, apps, Android, iOS, news, gear
0シェア

Sponsored Contents