Microsoft Flight Simulator
Microsoft

 映画『トップガン マーヴェリック』の公開延期を受けて、マイクロソフト フライトシミュレーター のトップガンDLCもリリース延期を発表しました。

映画『トップガン マーヴェリック』(TOP GUN: Maverick)は、1986年の映画『トップガン』の続編。当初の2019年夏公開予定から、制作上の都合や新型コロナウイルス感染症の流行による影響で度々延期を繰り返してきました。

先日までの予定では2021年11月19日に日米同時公開だったところが、9月に発表された直近の延期では半年延びて米国で2022年5月27日へ。日本国内での公開日は今後改めて発表予定。

映画が遅れたため、マイクロソフト フライトシミュレーターが発表していたトップガン マーヴェリックDLC(ダウンロードコンテンツ)も映画公開と同時期まで延期します。

トップガンDLCは大幅延期になりましたが、マイクロソフト フライトシミュレーター自体はこの秋から来年にかけて活発なアップデートやコンテンツ追加を予定しています。

まず9月7日には、ワールドアップデートVI:オーストリア・ドイツ・スイスが配信予定(国内では8日)。世界各国の都市や名所、空港を高精度な3Dモデルで再現する無料ダウンロードコンテンツの第六弾です。

第一弾の日本では6つの都市を航空写真からまるごと3D化するフォトグラメトリで、20数カ所のランドマークを手作りの3Dモデルで追加していました。ゲームのリリースから1年を経て、開発環境やパートナーシップも充実したためか、ドイツ・オーストリア・スイス編ではランドマークが約100か所も加わります。

また新しい試みの「Local Legends」機体第一弾として、ドイツのユンカースJU-52が9月9日に配信予定。各国で親しまれた歴史的・国民的航空機を紹介するシリーズです。こちらは有料のDLC扱いで14.99ドル。

Microsoft Flight Simulator
Microsoft

このほか大型のアップデートとしては、「空飛ぶタクシー」として話題になった電動VTOL機 Volocopter を11月に追加予定。マイクロソフト フライトシミュレーターとして初めてのヘリコプター追加です。

いわゆるドローンのような電動マルチコプターで、もともと大都市圏の新しい移動手段として提案されただけあって、フライトシミュレーターに新しい楽しみ方を追加してくれそうです。

さらにこの秋には初の大型拡張パックとして、航空機を使ったマルチプレーヤーのレースも可能になる予定。米国ネバダ州リノで開催される Reno Air Race の主催団体 RARAとのパートナーシップにより、世界最速のモータースポーツこと STIHL National Championship Air Race をゲーム内に再現します。

Xbox Game Pass Ultimate オンラインコード(Amazon) Microsoft Flight Simulatorプレミアムデラックス(Amazon) スラストマスターT-Flight HOTAS One フライトスティック