Microsoft Office
Microsoft

Microsoftは9月16日(現地時間)、商用および政府機関向けの買い切り型オフィススイート製品Office LTSC(Long Term Servicing Channel)の提供開始を発表しました。あわせて、一般ユーザー向けのOffice 2021をWindows 11のリリースと同じ10月5日に発売することも発表しています。

Office 2021の詳細は追って共有するとのことですが、2月に発表された情報によれば、Windows版とMac版があり、OneNoteアプリも付属します。32ビットと64ビットの両方をサポート。サポート期間は5年間です。また、価格の変更はないともしていました。

The Vergeによると、Office LTSCにはダークモードのサポート、アクセシビリティの改善、Excelの動的配列やXLOOKUPなどの新機能が含まれており、これらはすべてOffice 2021でも利用できるはずとのことです。

Microsoftとしては、クラウド型のMicrosoft 365サブスクリプションの利用を推奨しているものの、クラウドに移行できないユーザーがいることもわかっていると、非クラウドのOffice 2021やOffice LTSCのリリース理由を説明しています。

Source: Microsoft via the Verge