米マイクロソフトは、パスワードの共有機能をiOSやAndroid、そしてChromeブラウザへと幅広くリリースしました。

まずiOSAndroid OS向けには、認証アプリの「Microsoft Authenticator」をアップデート。これにより、Edgeブラウザ経由でマイクロソフトアカウントに保存したパスワードを自動入力(オートフィル)することが可能になります。

またMicrosoft Authenticatorでは、Chromeや他パスワード管理アプリからのパスワードのインポート機能も追加されています。

さらにChromeブラウザ向けには拡張機能「Microsoft オートフィル」をリリース。こちらでも同じく、Edgeブラウザに保存したパスワードをChrome環境でも自動入力することが可能になります。また、既存のパスワードの編集や登録削除も可能です。

パスワードの管理機能は米アップルやグーグルも提供しており、先日にはアップルがWindows版のChrome向けに拡張機能をリリースしました。今後もさらなる使い勝手の向上のために、クロスパプラットフォーム化が望まれる分野です。

 

Source: Microsoft