マイクロソフト、個人向けTeamsをモバイル版プレビューとして提供開始

仕事でも個人でも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月23日, 午後 03:50 in Microsoft
0シェア
FacebookTwitter
Male, female and child working together on laptop in family room.  Homework, studying.
Microsoft

Microsoftは6月22日(現地時間)、3月に発表していた個人向けTeamsを、モバイル版のプレビューとして提供開始したと発表しました。

Microsoft Teamsは、グループチャットやグループ内Wiki、オンライン通話、ファイル共有などの機能を統合したコラボレーションツール。これまでは法人向けプランでのみ提供されていましたが、今後は個人でも利用可能となります。

これまで、業務ではTeamsを利用してToDoやスケジュールを管理していたものの、個人的なToDo、たとえば買い物リストや子供の習い事のスケジュールなどは別アプリで管理しなければならず、使い分けが面倒といった悩みもなくなりそうです。

すでに業務でTeamsを利用している場合、同じモバイルアプリで個人用アカウントを追加すれば、設定から業務用と個人用のアカウントを切り替えて使えるようになります。まだ利用したことがない場合には、AndroidあるいはiOS向けのTeamsをダウンロードし、個人用のMicrosoftアカウントでサインインするか、電話番号でアカウントを新規作成します。

個人向けとはいえ、Teamsはコラボレーションツールなので1人で使ってもあまり意味はありません。家族や友人を誘ってグループを作成して使うのがオススメです。

なお、いまのところモバイルアプリでのみプレビューリリースとなりますが、デスクトップ版やWeb版へは今年後半に提供予定とのことです。

source: Microsoft

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Microsoft, Teams, Microsoft Teams, Mobile, news, gear
0シェア
FacebookTwitter