Microsoft Teams
Microsoft

Microsoftは12月14日(現地時間)、10月からプレビューとして公開していたMicrosoft Teamsのエンドツーエンド暗号化(E2EE)機能を一般提供開始したと発表しました。

この機能は、1対1の通話時に利用できるもの。ただし、デフォルトではオフになっており、利用するには組織のIT管理者がオプションを有効にし、かつユーザーもチーム設定でE2EEをオンにする必要があります。なお、E2EEが有効になっている場合には、呼び出し画面の左上隅に、暗号化していることを示すインジゲーターが表示されます。

Microsoft Teamsでは、すでに転送中および保存中のデータの暗号化が行われています。これに加えて1対1での通話時にはさらに強力な保護が加わるわけですが、その弊害として、E2EEを利用した通話では、録音、ライブキャプション、通話転送、コールパーク(保留)などの一部機能が利用できなくなります。これらの機能が必要な場合には、E2EEを無効にする必要があるとのことです。

Source: Microsoft(1), (2)