米マイクロソフトは公式サポートページを更新し、Windows 10のサポートを2025年10月14日に終了すると伝えています。

Windows 10 Home/Proのサポートは2015年7月29日から始まったので、そのサポートは10年以上続いたことになります。

一方で、Microsoftは6月24日のイベント開催を予定しており、その場では次期Windowsこと「Windows 11(仮称)」の発表が予測されています。

Windows 11はこれまで「Sun Valley」の内部名称で開発されていたメジャーアップデートバージョンで、UI(ユーザーインターフェイス)の変更やWindowsストアの刷新が期待されています。また、開発の中止が発表された「Windows 10X」の機能も取り込まれることでしょう。

イベント直前での意味深なサポート終了の予告ですが、これもWindows 11の登場が近いことを示唆しているのかもしれません。

Source: Microsoft

Via: Thurrott