マイクラアース シーズン11『レッドストーン』開幕。限定報酬は魔法使い装備、ピストンも実装

早期アクセスのまま進化充実

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年10月8日, 午後 08:48 in Mojang
0シェア
FacebookTwitter
Minecraft Earth
Mojang / Microsoft

スマホで遊ぶARマインクラフト Minecraft Earth で、シーズンチャレンジ11「レッドストーン」が始まりました。

特定のアイテムを収集する、クラフトするといった課題をクリアしてゆくことで、新規実装のピストンやレッドストーン関連のアイテムが手に入り、使い方が身に着くようになります。

限定報酬は魔法使いのローブとクローク。そのほかダイヤモンドや新規モブ「つぎはぎ模様の羊」、意外と貴重なアバターモブ、虹色の羊なども報酬です。

マインクラフト アースは、スマホとAR(拡張現実)を使って遊ぶ新しいマインクラフト。

現実世界をマップにブロックやモブ(生物)を集め、本編マイクラと同様に夢の城でも庭園でも大規模農園でも自由に組んで、実物大ARとして入り込んで遊べます。

実物大マイクラ世界で遊べる Minecraft Earth 国内配信開始。キャラクリや共闘アドベンチャーも実装(2019年)

マイクラアースは2019年11月に国内配信されて以来「早期アクセス」扱いのままですが、着々とコンテンツの追加やアプリの改善を進め、リリース当初からは大幅な進歩を遂げています。

特にコロナ禍に対応したアップデートで歩き回らなくてもブロックが潤沢に手に入るようになったこと、目玉コンテンツである実物大ARチャレンジ「アドベンチャー」が自宅でもいつでも遊べるようになったことで、当初とは見違えるほど遊べるゲームになりました。

Minecraft Earth
Mojang / Microsoft

「シーズンチャレンジ」はこうした改良の一環として加わった新規コンテンツ。特定のチャレンジと報酬がツリー状に連なり、アンロックしてゆくことで限定報酬が手に入るありがちな仕組みです。

各シーズンの期間は2週間。以前のシーズンでは、ARを使わないと達成できないアドベンチャー系やバトルが多かったり、「ガイコツ オオカミを何体倒せ」のようにまず遭遇が運任せで時間がかかるものもありました。

今回のシーズン11:レッドストーンはテーマに沿ったクラフトと、レッドストーン関連アイテムの設置や使用がほとんど。比較的容易なチャレンジが多く、必要素材も道中の報酬でおおむね手に入るため、進めやすくなっています。

Minecraft Earth
Mojang / Microsoft

レッドストーンの概念自体のチュートリアルが含まれているわけではなく、マイクラ世界における動力やスイッチなどは理解しにくい面もありますが、そこはクラフトやアイテム入手方法と同様、通常版のマインクラフト用に書かれたネット上の膨大な解説や動画から趣味にあいそうなものを選んでヒントにすれば大丈夫です。

行き届いた公式Wikiはこちら。

レッドストーンダスト | Minecraft Wiki | Fandom

マインクラフト大型アプデ「ケイブ&クリフ」発表。銅鉱石にウーパールーパー、地底湖や考古学など新要素多数

マインクラフト ダンジョンズがクロスプレイ追加、PS4/PC/Xbox/スイッチ/ゲームパス対応。新DLCも発表


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Mojang, Minecraft Earth, Minecraft, Microsoft, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents