関西電力子会社オプテージのMVNOサービス「mineo」は、iPhone SE や Xperia 10 II などの割引き販売を3月1日から31日まで行います。

対象は他者から乗り換えてmineoのデュアルタイプに加入したうえで対象端末を一括払いで購入した人、またはデュアルタイプを契約中で対象端末を一括払いで購入した人。

対象端末とセール価格の一例は次の通り。

iPhone SE (第2世代) 64GBの通常価格は4万6800円で、新規加入者には1万4000円引きの3万2800円、既存ユーザーには6000円引きの4万800円で販売します。

iPhone 11 64GBの通常価格は6万6720円で、新規加入者には1万3920円引きの5万2800円、既存ユーザーには5920円引きの6万800円で販売します。

Xperia 10 II の通常価格は3万9600円で、新規加入者には1万6000円引きの2万3600円、既存ユーザーには6000円引きの3万3600円で販売します。

その他の対象端末はiPhone SE(第2世代) 256GB/128GB/64GB、iPhone 11 256GB/128GB/64GB、iPhone XR 256GB/128GB/64GB、iPhone XS 256GB/128GB/64GB、OPPO A73、OPPO Reno 3A、OPPO A5 2020、Xperia Ace、Xperia 8 Lite、Xperia 10 II、ZenFone 7、AQUOS sense4 SH-M15、AQUOS sense4 plus SH-M16、HUAWEI nova lite 3+、HUAWEI P30、arrows M05、moto e6s、moto g9 play、moto g8。各端末のセール価格については表の通り。

mineo

低価格端末への買い換えを促したい

mineoによると、MVNOサービスを利用する人のうち48%がMVNOサービスへの乗り換えの動機として端末の故障や買い替えを挙げているほか、mineoのiPhoneユーザーのうち68%が3年以上前のiPhoneを利用しているそうです。

mineoは今回のキャンペーンを行う理由について「新規契約数だけを目標においた過度なキャンペーンはmineoらしくない」としたうえで、「3月は進学や就職など新生活環境の変化に向けた準備期間であると同時に通信環境を見直す時期でもある。また節約志向の高まりなども踏まえ、低価格端末への買い換えを促したい」としています。

Source : mineo