MacBook Pro

次期14インチおよび16インチMacBook Proにも、新型12.9インチiPad Proと同じくミニLEDバックライト付きディスプレイ(アップルは「Liquid Retina XDR」と呼称)の搭載が噂されています。その製造につき、歩留まり率が向上したとの噂が報じられています。

台湾のサプライチェーン情報誌DigiTimesによると、台湾TSMTは当初、次期MacBook Proモデルに搭載するミニLEDディスプレイの回路基板と接着剤の素材につき生産上の制約を受けていたとのこと。しかし技術的な問題を解決した結果、生産の歩留まり率を95%以上にまで高めたと述べられています。

TSMTは12.9インチiPad ProのミニLEDバックライトの表面実装を一社で請け負っており、次期MacBookの2モデルでも同様のサービスを提供する見通しとの関係者の証言も伝えられています。同社は12.9インチiPad ProにミニLED画面が搭載されることが噂の域を出なかった当時から、主要サプライヤーとして名前が囁かれていました

ミニLED画面の歩留まり率が悪いことは、新型12.9インチiPad Proが品薄になる主な原因だとも噂されていました。そちらも同じくTSMTがボトルネックになっていたとすれば、新12.9インチiPad Pro画面の製造工程も改善され、近いうちに品薄が解消されるのかもしれません。

次期14インチおよび16インチのMacBook Proについては、次世代Appleシリコン「M2(ないしM1X、ともに仮称)の採用やTouch Barの廃止、マグネット固定の電源ケーブルMagSafeの復活、HDMIポートやSDカードスロットの搭載など、全面的なデザイン刷新が予想されています

2020年末に発売されたM1搭載Mac3モデルは価格の割にパフォーマンスは良好であるものの、内蔵GPUのみでグラフィックの上限がそう高くはなく、外付けディスプレイも1台(Mac miniは2台)に限られるなどプロユースには不満の残る内容でした。次期MacBook ProはミニLED画面搭載により価格もプロ仕様にはなりそうですが、それに値する充実したスペックを期待したいところです。

Source:DigiTimes

via:MacRumors