210624MiniReview

Engadgetの執筆陣は日々、幅広いジャンルの製品をネットショピングしています。そんな我々が買ったものをサラッと紹介する「買い物レビュー日記」。今回はわっきさんが購入した「SwitchBot ボット」です。

SwitchBot ボット 3980円

我が家のスマートホーム化をすすめる中で、“物理ボタンを押す操作”ができないという問題がありました…。

それを解決してくれるのが「SwitchBot ボット」。電子機器のスイッチなどを、スマホアプリや音声操作で物理的に“押す”ことができます。

モードは「押す」と「スイッチ」の2種類。「押す」モードは単純にボタンを押すという動作ですが、「スイッチ」モードにすると、押すと引くの動作ができるようになります。

リビングに居ながらお風呂を沸かしたり、眠くなったらベッドの上から部屋の電気を消したり。

ただし、ここまではBluetoothによる接続なので、外出先などから操作するには「SwitchBot ハブミニ」を使用します。

SwitchBotシリーズにはカーテン加湿器温湿度計やプラグなどもありますので、これからスマートホーム化を考えているという方は、シリーズで統一してしまったほうが一元管理できて簡単です。

SwitchBot ボット(Amazon)

210624MiniReview
210624MiniReview

SwitchBot ボット(Amazon)

販売情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。