iPad Pro2021

次期iPadがミニLEDバックライト搭載ディスプレイを採用して、2021年初めに発売予定とのサプライチェーン情報が伝えられています。これまでも同様の噂はたびたび伝えられていましたが、その信ぴょう性がさらに強まったかっこうです。

ミニLEDとは従来の液晶+バックライトLED構造はそのままに、バックライトの分割をより細かくした方式です。

これとエリアごとに輝度を制御できるローカルディミング技術を組み合わせることにより「部分的にバックライト消灯」が可能となり、有機ELパネルのような純度の高い黒やコントラストが実現できるというもの。それに加えて省電力も期待でき、有機物質を含まないために焼き付きに強い点では有機ELパネルに優ると見られています。

さて韓国の業界情報誌ETNewsによれば、LGディスプレイが2021年第1四半期に発売予定の新型iPad向けにミニLEDディスプレイを供給するとのこと。台湾に拠点を置くEpistarがミニLEDを供給し、TSMTがミニLEDの表面実装を担当。LGがそれらをディスプレイの完成品に組み立てるという流れです。そしてLGは2020年末に量産を開始する可能性が高いとも伝えられています。

ほぼ同じサプライチェーン情報は、やはり韓国メディアThe Elecが今年6月に報じており、今回は発売時期が「2021年第1四半期」と絞り込まれたかっこうです。

ETNewsは「新型iPad」とするのみでモデルは特定していませんが、アップル製品では「新技術のディスプレイ採用はハイエンドモデルから」が恒例となっています。

そしてミニLED搭載iPad Proについては、有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のL0vetodream氏が2021年前半にA14X(iPhone 12搭載のA14 Bionicをベースとしたチップの仮称)、5G対応で登場するとの予測をつぶやいていました。かたや画面サイズは、有名アナリストMing-Chi Kuo氏や台湾DigiTimesが12.9インチになると主張しています。

現行のiPad Pro最新モデルは2020年3月に発売されたものですが、こちらは物理的には2年前のA12Xと同じA12Z(無効にしていたGPUコア1つを有効にした)、背面に超広角カメラと3D認識用のLiDARスキャナなどが進化しながらもマイナーアップデートに留まっていました。今回の噂が本当だとすれば、iPad Pro(2018)から2年ぶりの大幅な全面モデルチェンジとなりそうです。

またETNewsは将来的にMacBookシリーズやiMacモデルにもミニLEDディスプレイが積極的に採用されるとの見通しも報じています。こちらは上記のMing-Chi Kuo氏も述べていたことであり、独自設計チップApple Siliconとともに搭載されてディスプレイ一体型のMacが刷新されることになるのかもしれません。

Source:ETNews

Via:MacRumors