Air2022

ミニLEDディスプレイを搭載したMacBook Airが2022年に登場するとのアナリスト予測を先日お伝えしましたが、それを補強するサプライチェーン情報が届けられています。

台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesによると、2021年に発売される11インチ/12.9インチiPad Proと16インチMacBook ProにはミニLEDディスプレイが搭載され、ミニLEDの採用は2022年のMacBook Air製品にも拡大される見通しとのこと。

こうした予測は、アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏の「2021年に新規デザインMacBook Proが2モデル、2022年には“より手頃な価格”のMacBook Airが発売。いずれもミニLEDディスプレイを搭載」という予測とほぼ一致しています。

ちなみにミニLEDとは、従来の液晶+バックライト構造はそのままに、バックライトを微小なLEDに分割してローカルディミング技術と組み合わせることで「エリア毎に消灯」を可能とするものです。優れたコントラストやダイナミックレンジを実現しつつ、さらなる省電力や軽い製品設計が期待される一方で、有機物質を含まないために焼き付きも起こりにくいと見られています。

Kuo氏は以前からアップル製品にミニLEDが広く採用されると予想しており、とりわけMacBookシリーズが「ミニLED採用率と出荷の増加が両方ともiPadより優れている」として、ミニLEDパネル出荷の主な原動力になると述べていました。

しかしミニLEDは構造的に従来の液晶ディスプレイより安くなるとは考えにくいため、気になるのがお値段です。その点につきKuo氏は「AppleシリコンのコストはインテルCPUよりも大幅に低いため、ミニLEDパネルのコスト増を相殺できる」として、価格は据え置きないし値上げ幅は小さいと示唆していました。

さてDigiTimes報道に戻ると、当面はミニLED画面はMacBook Proの「Pro」要素として導入され、後にMacBook Airにも採用される展開になるとも推測されます。つまりMacBook Airの後継モデルは今年は出ない可能性もあり(ミニLEDなしの新型の噂は今のところ未確認)、M1モデルを買うかどうか迷っている人は、今買ったとしてもすぐ旧型になる懸念はあまりなさそうです。

Source:DigiTimes

Via:MacRumors