GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 

 

しかも、コンパクトさだけじゃないのが

この傘の凄いところ。

 

 

実は、この傘、ある状況のジレンマを解決するためにつくられました。

 

こんなモヤモヤよくありますよね?

Minimo#2は、「雨のち晴れ」のこんなSituationをそれぞれ解決するために誕生しました。

朝から結構ふっている。天気予報だと午後から晴れるらしいけど、、、。

でも、長傘は帰りが面倒だしな。とはいえ、自分のミニ傘だと濡れちゃうかな。。

でも、Minimo#2なら

開放時直径93cmも。その拡張率は,なんと6.3倍

※拡張率=開放時直径/収納時全長とここでは定義しています。

 

しかも、強風時にも壊れにくい!

Minimo#2は、強風時にはそっくり返って風を逃がすことで、壊れにくい仕様になっております。

 

ようやく、目的地についた。でも、折り畳み傘のたたみにくさ、ビチョビチョ感ときたら。

傘袋もペラペラで入れにくいこのストレスは。。。

でも、Minimo#2なら、

閉じる時は、すっと楽にたためる。

通常、折り畳み傘は、小さくなればなるほど畳みにくくなります。畳むときにひっかかりがあったり、手でパキパキ折ったりするタイプも。でも、Minimo2はこんなにも小さいのに、手動ですっと折りたためます。

閉じた後は、さっと一振りで水を切り、そして生地を束ねるその瞬間、

「あれ?、あんまり手が濡れない」

束ねる際のベチョベチョ感が大幅OFF

それもそのはず、Minimo#2の生地は、日本国内の有名素材メーカーの特殊生地を使用。

撥水性は、JISL1092の最高等級の5! 

これ以上の等級がないのでMinimo#2の撥水の凄さを表現できませんが、玉が粒となって落ちていくウルトラ級の撥水力です。

水が弾かれてつきにくいから、すぐ乾く。

小雨程度なら、傘を一振りして水を払えば、雨が蒸発してしまったかのように感じるほど。

 

さらに、傘袋に入れる時も、さりげなくスムーズに。

Minimo#2は、実は傘袋にまでも工夫を凝らしています。中に吸水性のメッシュ生地を重ね、袋に腰を持たせて型を保つことで、傘を袋に入れる際も楽に入る。ぺらぺらの袋に入れるあのストレスからも解放されます!

晴れた後に使う日傘としても、やっぱり優秀!

Minimo#2の生地には、UPF50+の性能のコーティング、

気になる紫外線もしっかりブロック。

だから、夏の日にもばっちり対応。日傘デビューもここから。

折り畳み傘として最も大事な「携帯性」は、妥協することなく最強。

傘が不要な帰り道にも、Minimo#2を運ぶのに必要なのはポケット一つだけ。気軽に、身軽に。

Minimoは、折りたたみ傘として最も重要な「持ち運び安さ」に妥協はいたしません!

鞄の一番小さいポケットにだってすっぽり入る。

その小ささ、ついに14.7cm。

当社の2021年4月現在の調べで日本市場の最小級サイズです。

 

だから、Minimo#2 は、

「行きは良いよい、帰りはもっと良い」

お守り代わりに鞄にいれておくと、コンパクト過ぎて、存在を忘れてしまうほど。

Minimo#2を持っていたのに、急な雨にあわててビニール傘を買ってしまったなんてことは避けたいものです。

 


Minimo ミニマリストのために。


できるだけ持てるものを少なくし、物事をシンプルに考え、行動し、何かを得るために何かを捨てる。

Minimoは、ミニマリスト志向の人のために2020年9月に誕生したブランドです。

その第1弾となる商品Minimo#1「超小型自動開閉傘Minimo」は、重くて大きい自動開閉傘の概念を覆し、自動開閉傘としては前例のない小ささになりました。その結果多くのユーザーにご支援頂きました。

​Minimo#1がワンタッチ開閉を必須要素として「晴れのち急に雨」のような「急激な天候の変化」に対応する目的でつくられたのに対し、今回のMinimo#2は、逆に「雨のち晴れ」のような「行きは傘が必要、帰りは傘が邪魔になるような日」にお使いただくことを前提に商品設計しております。

そのような状況では、朝出るときはしっかりと雨を防ぎ、たたむ時にストレスが小さく、帰りは持ち運びやすい。むしろそういった利便性がより大事になるると考えたので、今回はこのワンタッチ式という要素を犠牲して、それ以外の要素と更なるコンパクトさを追求いたしました。もちろん、お値段もリーズナブルに保ったままで。

Minimo#2は#1の後継機ではありません。むしろ併用して使っていただくべきものです。

「急に傘が必要になりそうな天気の日」にはMinimo#1、

「行き傘が必要、帰りは傘が邪魔になりそうな日」にはMinimo#2を。

天気に悩むのでなく、むしろ天気の変化を楽しみながら、使い分けいただければ幸いです。

 


スペック



リターン & スケジュール


スケジュール

■2021年6月中旬 クラウドファンディング終了

■2021年7月上旬~中旬頃 国内発送予定 


FAQ


Q.  傘の開閉はワンタッチ式ですか?

A.いいえ、手動のマニュアル開閉になります。

Q.  カラーは何色ありますか?
A.今回は4色(ブラック、ネイビーブルー、アイボリー、ミントグリーン)のご用意となっております。

Q.収納カバーはついてきますか?
A.Minimoロゴ入りの収納カバー(傘袋)がついております。

Q.日傘としても使えますか?
A.UPF50+の性能をもつUVコーティングがされており、日傘として十分にお使いいただけます。

Q.  風には強いですか?

A. 防風仕様になっており、強風時にひっくり返って風を逃がすことで、壊れにくくなっております。

Q.保証や返品・交換について
A:本製品は3か月の保証期間を設けております。初期不良の際には、無償で交換対応を行います。(お客様の故意・過失等で生じた故障は除きます。)

 


リスク&チャレンジ


・量産中の工程において、デザイン・仕様、ロゴの位置や大きさなどが若干変更になる可能性もございます。

・色に関しては、PC画面で見えているものと実物との間で少なからず差異がございますのでご了承くださいませ。

・本文中の動画・写真に使用してる傘は主にサンプル品であり、今回ご提供する量産品とはロゴの位置などに異なるものが使用されております。ご了承くださいませ。

・疫病や天変地異・事故によって納品のスケジュールが大幅に遅延する場合がございます。その際には、わかり次第逐一皆様にご報告申し上げます。 

・将来的に並行輸入品が発生する可能性あります。個人輸入および販路によっては防ぐことができない可能性がある点ご了承願います。

・クラウドファンディング後の販売予定価格は、将来の量産数の変動、在庫期間等によって、小売価格が下がる可能性がございます。

 


プロジェクト起案者


インタービジネスブリッジ合同会社。IBB SHOP運営会社。逆さ傘のトップブランド「CARRY saKASA」、遊び心満載のグッズブランド「Water Billy」、ミニマリストのためのブランド「Minimo」高性能マスクの「キャリーマスク・ハイブリッドセット」、至高の卓上3Dプリンター「3DプリンターMAESTRO」など、個性的な雨具・雑貨・商品のブランドを企画開発・販売展開しております。

1日も早く届けられるように社員一同頑張りますので、ご支援・情報のSNSでの共有等、ご協力よろしくお願いいたします。

インタービジネスブリッジ合同会社 社員一同