EIT-kit
MIT / CSAIL

筋肉の動きを簡単に測定できる──。そんなツールキット「EITキット」をMITのコンピューター科学人工知能研究所(CSAIL)とマサチューセッツ総合病院の人工知能センター(CPAI)の研究者らが発表しました。

これは、電気インピーダンストモグラフィー(EIT)を利用し、ヘルスケアやモーションセンシングデバイスを設計するためのもの。

研究チームは、このキットを利用したリハビリテーション用の筋肉モニターや、ハンドジェスチャーを検知できるウェアラブル装置、運転中にハンドルから手を離しているかどうかを検知できるブレスレットなどを試作しています。

既存のウェアラブルデバイスが、動きしか検知できないのに対し、EITデバイスは筋肉が緊張しているのか弛緩しているのかも測定できます。試作されたデバイスの一つは、太ももに装着する単純なバンドに見えるものの、太ももの筋肉の活動状態を可視化することで、リハビリに役立つとしています。

現在、研究チームはマサチューセッツ総合病院と協力し、治療中の患者のさまざまな部位を監視する遠隔リハビリテーションデバイスを作成するためのEITキットの開発に取り組んでいます。EITキットは持ち運び可能で患者に合わせてカスタマイズされているため、自宅でも利用でき、医師に治療過程の全体的なイメージを伝えられるとのことです。

Source:MIT CSAIL