engadget

携帯各社の新プラン(ahamo・povo・LINEMO)が続々とスタートするなか、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクのMNP手数料廃止時期についてまとめました。

NTTドコモでは、4月1日以降のMNP予約番号発行分より、全ての窓口(ウェブ・店頭・コールセンター)でMNP転出手数料(2000円または3000円)を廃止します。

KDDIでは、4月1日以降に全ての窓口(ウェブ・店頭・コールセンター)で、MNP手数料(3000円)を廃止します。なお、ドコモと異なり3月31日以前にMNP予約番号を取得した場合でも、4月1日以降の転出であれば手数料廃止の対象とします。

ソフトバンクでは、すでに3月17日から全ての窓口(ウェブ・店頭・コールセンター)でMNP転出手数料(3000円)を廃止しています。

このほか、MVNOも4月1日以降、続々とMNP手数料を廃止します。MNP手数料廃止の動きは、総務省の「MNPガイドライン」改定に伴うもので、同ガイドラインではMNP転出手数料の原則無料化を通信事業者に求めています。

Source:NTTドコモ KDDI ソフトバンク