[名称] Magneto-Optical Disk(MO Disk)
[種類] 光磁気ディスク
[記録方法] 光強度変調方式
[サイズ] 約86mm
[容量] 230MB
[登場年] 1994年頃~

今や淘汰された懐かしの記録メディアたちに光を当てるこの連載企画では、ゆるっと集めているリムーバブルメディア・ドライブをふわっとご紹介していきます。

連載:スイートメモリーズ

3.5インチの「第2世代MO」は、第1世代の128MBと同サイズのカートリッジを採用しながら、230MBへと容量がほぼ倍増した光磁気ディスク。HDDの低価格化・大容量化が進むと扱うデータも大きくなっていきましたが、このデータの受け渡しや持ち運びに活躍してくれました。

第1世代からの変更点は、使用するレーザー波長、トラックピッチ、最短マーク長、物理フォーマットの大きく4つ。

レーザー波長は短くなるほどビームスポットを小さくできるため、データ密度を上げられるようになります。第1世代では825nmのレーザーが採用されていましたが、この第2世代では780nmとより短くなっています。

これにより、トラックピッチを1.60μmから1.39μmへ、最短マーク長を1.56μmから1.30μmへと詰めることが可能となり、高密度化が実現されました。

物理フォーマットは、ディスクの制御方式に関係するもの。第1世代ではディスクの回転速度が一定となるCAVが採用されていました。これは制御が簡単でアクセス性能に優れているというメリットがあるものの、内周と比べ外周の記録密度が低くなる……つまり、大容量化しづらいというデメリットがあったわけです。

これに対し、第2世代ではZCAVを採用。この方式はトラックをいくつかのゾーンに分割し、ゾーンごとに回転数を段階的に変化させるというものです。CAVと比べ外周でも記録密度が低くなりにくく、それでいて制御は比較的簡単ということもあって、大容量化に適した方式でした。

可視光を使うディスクということもあり、この違いは肉眼で簡単に見ることができます。まず第1世代ですが、トラックが一定角度ごとにセクターとして分割されているため、ディスク面が扇形に分割されているように見えます。

この写真は以前、第1世代となる128MBのMOを紹介したときの記事と同じですが、内側から外側まで、同じ角度で分割されている様子が分かります。

では、第2世代となる230MBのディスク面はどうでしょう。

外周に向けセクターが増えていくため、分割位置が少しずつズレているのが分かりますね。

これらの変更により、230MBというほぼ2倍の容量が実現できました。

ちなみに、第2世代MOでもカートリッジのサイズはおよそ90×94×6mm。これは第1世代のものと全く同じで、シャッターの形状などにも変更はなく、第2世代のドライブでも第1世代のカートリッジがそのまま利用できるという、互換性が高いものでした。

1994年といえばちょうどZipが登場した頃ですが、日本ではすでにMOが使われていたこと、また、100MBに対して230MBとMOの方が容量が大きかったこともあり、価格面はともかく、使い勝手はMOの方が優れていました。

MOはさらに世代が進むと640MBへと大容量化していきますが、その頃になるとメディア単価の安いCD-Rが台頭してきており、競争力が低下。乗り換える人も増えていきました。

連載:スイートメモリーズ


参考:

光磁気ディスクの現状と技術動向, J-STAGE
3.5型MO仕様一覧表, 三菱ケミカルメディア, WayBack Machine
1997年光学界の進展, 応用物理学会
光磁気ディスク, ウィキペディア