mobi

高速バス事業を手がけるWILLER(ウィラー)が、約2km圏内の移動に特化した相乗りサービス「mobi(モビ)」を京丹後市(京都府)で6月30日に開始します。7月1日からは渋谷区(東京都)でも展開する予定です。

モビは、アプリや電話で呼べば平均10分で車が指定住所に到着し、他の客も乗せながら目的地まで送り届けてくれるサービスです。AIを活用して最適なルートを導き出せるのも売りのひとつとなっています。

配車はアプリの地図、テキスト入力、過去の利用履歴から行えるほか、鉄道やタクシーを含むルート検索も可能。さらに、車両の現在地を確認したり、電話やチャットでドライバーに連絡したりできます。

月額料金は5000円。同居家族であれば最大6人まで登録でき、追加料金は1人あたり500円。たとえば家族3人で利用する場合の合計金額は6000円、1人あたり2000円で乗り放題になると同社は説明します。

「サービスエリア内なら月額定額料金で家族みんな乗り放題になる」──という触れ込みのモビ。今後、サービスエリアが広がれば、これまでマイカーや自転車、徒歩が中心とされてきた短距離移動がモビに置き換わるのかもしれません。


Source:WILLER


関連記事: