楽天モバイルは、11月4日に開いたオンライン発表会で、契約事務手数料とMNP転出手数料を0円に改定することを明らかにしました。

MNP(Mobile Number Portability)は、今、使っている携帯電話番号を変更せずに、他の携帯電話会社に乗り換えできる制度のことです。

楽天の三木谷浩史会長兼社長は、SIMの再発行手数料を0円に改定したことも改めてアピールし、『MNPによる乗り換えを手軽にする』と述べました。

契約事務手数料とMNP転出手数料を0円に改定できる理由については、『完全仮想化ネットワークにより、従来の業界水準と比べて設備投資や運用コストを大幅に削減したため』と説明しています。