総務省は12月21日、携帯電話ポータルサイトの暫定版を開設しました。

サイトでは、利用者が必要以上の料金プランに加入したり、実際の目的よりも高性能かつ高額なスマートフォンを使っている可能性があるとして、実際の請求書やデータ使用量を確認し、利用者自身の使い方にあうサービスを確認するよう呼びかけています。

また、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルと、携帯大手3社から通信設備などの一部を借り受けてサービスを提供しているMVNO各社の違いや、現在、使っている端末や携帯電話番号を変えずに乗り換える方法などを紹介しています。

携帯電話ポータルサイトの開設は、今年10月に総務省が公表した「アクション・プラン」に盛り込まれていた内容です。総務省は、乗り換えの壁となっている要因を取り除き、料金競争が起こりやすい環境整備を進めていく考えです。


source:総務省