いきなり!ステーキ、「肉マネー」提供終了へ 早めの使用を

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年08月31日, 午後 06:20 in news
0シェア
FacebookTwitter
Engadget Japan

「いきなり!ステーキ」の独自電子マネー「肉マネー」の全サービスが、2021年12月31日をもって終了します。運営元のペッパーフードサービスが発表しました。

これにより、2022年1月1日以降は肉マネー残高を利用できなくなります。また、残高のチャージ機能も今年11月30日をもって終了します。

ペッパーフードサービスは『2021年12月31日をもって使用を終了させていただきますので、早めの使用をお願いいたします』と呼びかけています。

「肉マネー」は、同チェーンの「肉マイレージカード」あるいはスマートフォンの「いきなり!ステーキ」アプリのバーコードを読み取ることで、いきなり!ステーキ店舗での支払いに使える独自電子マネーで、2015年10月より提供を開始したもの。

毎月29日(肉の日)はチャージ額の最大15%が還元されることから、「肉マイラー」と呼ばれるヘビー客から好評でした。一方、業績不振による大量閉店で『近所の店舗がなくなり、肉マネーの使いみちに困る』といった声も聞かれました。

肉マイレージは存続

なお、いきなり!ステーキで食した肉のグラム数を記録する『肉マイレージ』は引き続き利用可能。今年12月には『肉マイレージ 新サービス』の提供も予定しています。また、今年9月よりQRコード決済を導入するなどして、ユーザーの利便性を図るとしています。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents