モトローラ・モビリティ・ジャパンは、新型SIMフリースマートフォン2機種「moto g9 play」「moto g PRO」を発表しました。それぞれ10月30日に発売します。

2.4万円のエンタメスマホ「moto g9 play」

「moto g9 play」は、廉価ながら大画面ディスプレイと大容量バッテリーを搭載したスマートフォンです。

特長は高いコストパフォーマンスです。税込2万4800円という低価格ながら、6.5インチの大画面ディスプレイを搭載。アスペクト比は20:9と縦長で、解像度は1600 x 720とやや低いものの、動画を大迫力で楽しめます。

カメラは4800万画素の標準レンズ、200万画素のマクロレンズ・200万画素の深度センサーの3眼構成。このうち、標準レンズを搭載したカメラは4画素を1画素に結合することで、1画素あたりの受光面積を高めるクアッドピクセル技術を採用。これにより、低照度でもノイズを抑えた撮影が行なえます。

5000mAhという大容量バッテリーを搭載する点も特長の1つ。標準的な使用の場合、1回の充電で2日以上の駆動を実現するといいます。加えて、20Wの高速充電器を同梱します。

プロセッサはミのSnadpragon 662、RAM容量は4GBです。ミドルレンジの中位程度の性能となり、高度な処理性能を要求する3Dゲームなどの用途には向きません。とはいえ、ブラウジングやSNS程度であれば十分な性能となります。

背面のモトローラロゴは指紋センサーとなっており、指紋を登録した指を当てることで、画面のロックを簡単に解除できます。

ネットワークは発売日当初はNTTドコモ・ソフトバンク網に対応。KDDIは後日対応します。このほか、DSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)に対応します。

本体サイズは165.21 x 75.73 x 9.18mm、重量は200g。カラーはサファイアブルーとフォレストグリーンの2色展開です。

engadget
Engadget Japan

ペン搭載のビジネススマホ「moto g PRO」

「moto g PRO」は、『法人向けのビジネススマートフォン』をうたうモデルです。なお、一般消費者もMotoストアなどで税込3万5800円で購入できます。

特長は、法人向けをうたう通りサポートを強化した点。修理保証は通常1年間のところ、2年に延長しているほか、ピュアのAndroid OSを搭載した「Andorid One」端末でもあり、2年間のOS更新およびセキュリティ更新を保証しています。

カメラは4800万画素のメイン・2200万画素のマクロ・1600万画素の深度センサーカメラの3眼構成で、「moto g9 play」と同じくクアッドピクセル技術を搭載。4つの画素を1画素に結合して、夜間でも低ノイズに撮影できます。また、マクロレンズを利用して、117°の超広角動画も撮影できます。

加えて、メモを取ったり、アイデアを記録する際に便利なスタイラスペンも本体に内蔵します。ペンを抜くと、メモアプリを即座に起動できるショートカットが表示されます。メールで届いたPDFに手描きで書き込める点など、ビジネスへの親和性を訴求します。

ディスプレイは「moto g PRO」よりやや小型な6.4インチであるものの、解像度は2300 x 1080と高精細。アスペクト比は19:9となっています。このほか、Dolbyステレオスピーカーを搭載し、映画やゲームも快適に視聴できます。

プロセッサはSnadpragon 665、RAM容量は4GB、ストレージ容量は128GBとなります。

DSDVに対応し、仕事の電話番号と私用の電話番号を1台に共存させることもできます。ネットワークはドコモ・KDDI・ソフトバンクの4G・3Gに対応します。5Gには非対応です。

バッテリーは4000mAh。18Wの高速充電器も同梱します。

本体サイズは158 x 75.8 x 9.2mm、重量は192g。カラーはミスティックインディゴの1色展開です。

engadget
Engadget Japan