moto edge20

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、「motorola edge20」「motorola edge20 fusion」を10月22日に国内発売します。MOTO STOREのほか、家電量販店やECサイトなどで取り扱います。

MOTO STOREでの直販価格(税込)は下記の通りです。

  • motorola edge 20・・・5万4800円

  • motorola edge 20 fusion・・・4万3800円

motorola edge 20(Amazon) motorola edge 20 fusion(Amazon)
moto edge20

モトローラの国内端末としては、エントリーモデルのmoto eシリーズ、ミドルレンジで価格とスペックを両立させたmoto gシリーズ、イノベーションの象徴と位置付けられるmoto razrがありましたが、motorola edgeシリーズは、moto gよりもワンランク上のハイミドル端末シリーズに位置付けられています。

moto edge20
▲moto edge20(左)とmoto edge20 fusion(右)。fusionのほうがやや丸みを帯びています

最薄・最軽量のedge20

motorola edge20は、6.7インチの大画面ながら重さは約163g、最薄部は6.99mmとモトローラ史上、最薄・最軽量の5Gスマートフォンです。解像度は2400x1080のpOLEDで、リフレッシュレートは最大144hzに対応。HDR10+のほか、DCI-P3の公色域をサポートします。

moto edge20

背面カメラは1億800万画素のメイン+1600万画素の超広角/マクロ+800万画素の望遠(光学3倍)という3眼構成。これまでのモトローラ端末で採用されていた4つのピクセルを束ねて光量をアップするクアッドピクセルテクノロジーに代わり、9つのピクセルを束ね、光量を9倍に向上させるウルトラピクセルテクノロジーに対応します。

フロントカメラは3200万画素で、こちらはクアッドピクセルテクノロジー対応です。

カメラ関連の機能としては、moto g100に搭載されていたフロント・リアで同時に動画撮影できるデュアル撮影に対応します。moto g100とは違い、動画だけでなく静止画のデュアル撮影にも対応。このほか、リアカメラ2つを使った同時撮影も可能です。望遠で撮影しつつ、全体を超広角で俯瞰するといったこともできます。

moto edge20
▲3倍望遠にPIPで超広角表示。PIPではなく、上下2分割表示も可能です

SoCはSnapdragon 778GでRAM6GB、ストレージ128GB。microSDなどの外部メディアには非対応ですが、nanoSIM2枚のDSDS(5G+4G)には対応しています。防水防塵はIP52で、おサイフケータイには非対応。バッテリー容量は4000mAh。指紋センサーは本体側面の電源ボタンと兼用です。

moto edge20
motorola edge 20(Amazon)

安価な1億800万画素カメラモデルmotorola edge20 fusion

motorola edge20 fusionも画面サイズは6.7インチ、解像度も2400 x 1080のpOLEDでmoto edge20と同じですが、リフレッシュレートは最大90Hzまでとやや仕様を落としています。ただし、HDR10+やDCI-P3対応なのは変わりません。

moto edge20 fusion

サイズ感はmotorola edge20と大きく変わりませんが、厚みは8.25mm、重さも185gとやや重くなります。代わりにバッテリー容量は5000mAhに増量されています。

moto edge20
▲moto edg20(左)はリフレッシュレートの自動設定があるのに対し、moto edge20 fusion(右)は60Hzもしくは90Hzの固定のみ

背面カメラは1億800万画素のメインカメラ+800万画素の超広角/マクロ+200万画素の深度センサーという構成。こちらも9つのピクセルを束ねるウルトラピクセルテクノロジーに対応しています。なお、デュアル撮影には対応していますが、リア2つでの撮影には非対応です。

moto edge20 fusion

そのほかの仕様としては、SoCはMediaTek Dimensity 800UでRAM6GB、ストレージ128GB。最大512GBのmicroSDも利用可能です。SIMはnanoSIM2枚のデュアルSIMでDSDSに対応します(5G+4G)。

moto edge20 fusion

なお、moto edge20 fusionは、底面に3.5mmジャックを搭載。防水防塵はIP52でおサイフケータイには非対応で、指紋センサーは本体側面の電源ボタンと兼用です。

moto edge20 fusion
motorola edge 20 fusion(Amazon)

落下や水没による故障でも同一端末と交換できる「moto care」

両機種の発売にあわせ、スマートフォンが故障した場合に、同一モデルの端末と交換できる有料の保証サービス「moto care」の提供も開始されます。

一般的には有償対応となる落下や水没での故障も保証対象になるサービスで、万が一の故障時に電話一本で最短翌日には交換端末が届くとしています。交換サービスは年1回まで利用可能ですが、交換時には自己負担金の支払いが必要です。

モトローラ製のSIMフリー端末購入から14日以内にオンラインから申し込みが可能。保証料は端末によって異なりますが、月308~638円の月額プラン、もしくは一括プラン(2年:6080円~1万2980円、3年:8580円~1万7380円)を選択できます。

なお、moto careサービス開始とedgeシリーズ発売を記念し、motorola edge20またはmotorola edge20 fusionを購入すると、moto care安心保障サービス(2年)に無料で加入できるキャンペーンも行われます。期間は11月30日まで。

motorola(Amazon)