moto g pure
motorola

米motorolaは10月7日(現地時間)、moto gシリーズの新モデルとなるmoto g pureを発表しました。6.5インチのMax Vision HD+ディスプレイに、大容量バッテリーを搭載。SoCにHelio G25を採用する160ドルのエントリーモデルとなります。

moto gシリーズの大画面・大容量バッテリーを搭載するエントリーモデルとしては、moto g playがありましたが、その実質的な後継モデルとなるのかもしれません。

RAMは3GB、ストレージも32GB(microSDは最大512GB対応)と価格なりの低スペック。ディスプレイは6.5インチありますが、解像度は1600 x 720(20:9)と低めです。ただバッテリーは4000mAhと大容量。最大2日間持つとしており、大画面と合わせてメディアプレイヤーとしては十分かもしれません。3.5mmジャックにIP52の防塵防滴仕様となっています。

背面カメラは13MPのメインカメラと2MPの深度センサーというデュアル構成。フロントカメラは5MP。NFCや5Gには非対応で、Android 11を搭載します。

なお、最近のmoto gシリーズは指紋センサが側面にあることが増えていますが、moto g pureは背面ロゴが指紋センサとなっています。

最近ではXiaomiやOPPOなどにより、ミドルクラスの高スペック化が進んでいますが、そんな高スペックよりも、できるだけ安価な大画面を求める層には受け入れられるのかもしれません。

Source: Motorola(1)(2)