moto g50

モトローラ・モビリティ・ジャパンは10月1日、moto gファミリーの新端末moto g50 5Gを発売しました。公式ストアでの価格は3万2800円。家電量販店やECサイト、MVNO各社でも取り扱われます。

moto g50 5Gは、海外では3月にmoto g100とともに発表されていた端末です。ただし、国内モデルはmotog100と同様に海外モデルとは仕様が異なっており、Snapdragon 480だった海外モデルに対して、MediaTek Dimensity 700(2.2GHzx2、2.0GHzx6のオクタコア)を搭載します。RAMは4GB、ストレージ128GBのローエンドよりなミドルクラス端末です。

moto g50 5G

6.5インチ、HD+のIPS液晶搭載

ディスプレイは約6.5インチ HD+(1600x720、20:9)のIPS液晶で、リフレッシュレートは90Hzに対応。1300万画素のフロントカメラは、最近では少なくなってきた水滴型のノッチを採用しています。

moto g50

画面サイズ通りにやや大型の端末で、5000mAhと大容量のバッテリーを搭載していることもあり、重さも約206gと重めです。

背面カメラは4800万画素のメインカメラに200万画素のマクロカメラ、200万画素の深度センサーという組み合わせ。残念ながら超広角には非対応です。

moto g50

指紋センサは、moto g100と同じく、側面の電源ボタンと兼用です。また、やはりmoto g100にも搭載されていた専用ランチャーが表示されるパワータッチに対応します。

moto g50

これは、電源ボタン(というか指紋センサ)を軽く2回タッチすると、専用ランチャーが起動し、最大6つのショートカットを登録しておけるというもの。moto g50にはFeliCaが非搭載でおサイフケータイが使えませんが、PayPayなどQRコード決済のアプリを登録しておくと、スムーズに会計できそうです。

moto g50

底面にはUSB Type-Cポートと3.5mmジャック。

moto g50

SIMスロットは左側面上部で、5G+4GのDSDSに対応。SIMスロット2はmicroSD(最大512GB)と兼用です。

moto g50

オーソドックスな機能のカメラ

トリプルカメラではあるものの、通常撮影に使えるのは実質的に1つのみのmoto g50ですが、写りとしては可もなく不可もなくといったところ。

moto g50

moto g50

moto g50

マクロカメラは200万画素しかなく、正直なところおまけ程度と考えていたのですが、それなりには使えるようです。ただ、手間を惜しまないのなら、メインカメラで撮影したものを切り出した方が解像感は高めです。

moto g50
▲左:マクロ撮影、右:通常撮影から切り出し

なお、moto g100ではメインカメラとフロントカメラで同時に動画を撮影するデュアル撮影機能がありましたが、moto g50は非対応。ズームした領域の音を拡大するAudio Zoomもありません。

motorola端末ではおなじみの、選んだ色だけを残すスポットカラーや、一部分だけが動いた写真を撮影できるシネマグラフなど、従来からある機能は利用できます。

moto g50
▲指定した色だけを残すスポットカラー

無難にまとまったミドルクラス端末

このほか、moto g50の特徴というかmotorola端末の特徴ですが、素早く2回ひねってカメラを起動したり、3本指のタッチでスクリーンショットを撮ったりするMotoアクション(My UX、ジェスチャーと名前が一定していません)も変わらず搭載しています。前述した電源ボタンを2回タップするパワータッチもMotoアクションの1つです。

moto g50

全体的に見て、可もなく不可もない端末というのが正直な感想です。端末の作りはmotorolaらしくしっかりとしており、安価な端末にありがちな安っぽさは感じません。かといって、これと言ったお勧めポイントもありません。そつがない無難な端末とも言えます。

moto g50
▲左:AnTuTu、右:Geekbench 5

最近のミドルクラスは、価格やカメラ性能に振り切ったものも多く、FeliCaや防水を搭載するものも増えてきました。moto g50にも、一応IP52の防水防塵はあるものの、これはあくまで軽く水がかかっても大丈夫という程度です。

とはいえ、デザインが好き、ほぼ素のAndroidを搭載するmotorola端末が好きという人には有力な選択肢になるのではと思います。

moto g50 5G