motorola moto g10

モトローラが3月26日に発売する「moto g10」と「moto g30」。ミドルレンジであるmoto gファミリーの新端末となりますが、この2機種は外観が瓜二つです。しかし、SoCとカメラは異なっており、moto g10がメインカメラ4800万画素の4眼でSoCはSnapdragon 460(1.8GHzオクタコア)。一方のmoto g30はメインカメラが6400万画素の4眼でSoCはSnapdragon 662(2.0GHzオクタコア)となっています。

ただ、細かく見ていくと、これ以外にもいくつかの違いがありました。そこでこの記事では、2機種を比較しつつ、何が違うのかを簡単に紹介したいと思います。

見た目はほぼ同じg10とg30

まず外観ですが、サイズを含めてほぼ同じです。ディスプレイは6.5インチ 1600x720のIPS液晶で、フロントカメラは水滴型のノッチです。外形寸法も165.22 x 75.73mmで同じです。厚みこそmoto g10の9.19mm(最薄部)に対してmoto g30が9.14mm(最薄部)となっていますが、2台を見比べてみても、この0.05mmの違いを実感できる人はそう多くはないでしょう。

moto g10
▲moto g10(左)とg30(右)。表からでは違いはまったくわかりません

ただ背面デザインは異なっており、moto g10のほうが波打ったような意匠が施されています。こうした凝ったデザインは、上位モデルに採用されることが多そうですが、より安価なmoto g10だけというのが面白いところです。

moto g10
▲moto g10(左)とmoto g30(右)

なお、デザインは単に「そう見える」というだけではなく、実際に凹凸もあります。実はmoto g10が0.05mm厚いのは、これのためなのでは……という気もしています。

moto g10
▲moto g10のみ背面が凝った意匠に

外観上、異なる部分はもう1つあります。それが上部のマイクで、moto g30には3.5mmジャックの横にマイク穴がありますが、moto g10にはありません。

moto g10
▲moto g30(上)とmoto g10(下)。moto g30にのみ上部にマイク穴が空いています

それ以外は、外観上の特徴は共通です。右側面に上からGogoleアシスタントキー、ボリューム、電源。左側面にはSIMスロット。底面にはマイク、USB Type-C、スピーカーがあります。

moto g10
▲上(写真右上)からGoogleアシスタントキー、ボリューム、電源

moto g10、g30ともにDSDV対応ですが、SIMスロットは片側がmicroSDカードとの排他利用です。

moto g10

微妙に異なるディスプレイ

2機種のディスプレイは、スペック表上はどちらも6.5インチ 1600x720のIPS液晶で同じように見えるのですが、実は若干異なっています。

まず色味ですが、並べないとわからない微妙な差異ではあるものの、moto g30のほうが若干明るく見えます。

moto g10
▲輝度最高にしたmoto g30(左)とmoto g10(右)。moto g30のほうがわずかに明るい

また、moto g30のみ90Hz駆動に対応。設定メニューでもmoto g30のみリフレッシュレートの項目が表示されます。実際にChromeなどでウェブサイトを表示してスクロールさせてみると、moto g30のほうが滑らかです。

moto g10
▲moto g10のディスプレイメニュー(左)とmoto g30のメニュー(中、右)。moto g30はリフレッシュレートの設定があります

数値ほどの違いを感じないカメラ性能

カメラ性能は、moto g10は4800万画素(標準) + 800万画素(広角) + 200万画素(マクロ) + 200万画素(深度センサー)の4眼構成。moto g30は標準カメラが6400万画素で、残りの3つはmoto g10と同じ4眼構成です。

moto g10

仕様上、このカメラがもっとも違いが現れている部分ですが、何枚か撮影した範囲では、ほとんど差を感じませんでした。モバイルのカメラ性能そのものが底上げされた結果、もはやミドルクラスでは差別化が難しくなっているとも言えそうです。

moto g10
▲moto g10

moto g30
▲moto g30

moto g10
▲moto g10

moto g30
▲moto g30

moto g10
▲moto g10

moto g30
▲moto g30

ミドル以下が充実してきたmotorola

最後にベンチマークも実施してみました。AnTuTuの結果は、moto g10が「145427」、moto g30が「179834」とそれなりに大きな違いとなりました。Geekbench 5はmoto g10がシングル「249」でマルチが「1117」、moto g30はそれぞれ「306」と「1210」でした。

ブラウザ等を使っている限りでは、アプリの立ち上がりや動作のモタつきなどはどちらも感じません。ただ、どちらも3Dグラフィックを多用した重いゲームには向かないとはいえ、少しでも快適にゲームを楽しみたいのであれば、90Hz駆動のディスプレも含め、moto g30のほうをオススメします。

moto g10
▲moto g10(左)とmoto g30(右)のAnTuTuスコア

moto g10は2万1800円(税込)、moto g30は2万5800円(税込)で、その価格差はわずかに4000円です。moto g10の背面デザインに強く惹かれるというのであれば別ですが、この4000円で倍のストレージ(moto g10は64GB、moto g30は128GB)、より快適なディスプレイ、そして(AnTuTuのスコア的に)約1.2倍のCPU性能が手に入るのであれば、迷うことなくmoto g30のほうが買いだと感じます。

逆にストレージは64GBあれば十分、ゲームをするわけでもないので少しでも安くということであれば、カメラ性能も大きく違わないmoto g10を選ぶのもありでしょう。カメラも最低限でよいということであれば、2眼になりますが、1万円台のmoto e7も選択肢に入ってきます。

2万円前後の端末では、FeliCaを搭載したXiaomiのRedmi Note 9Tという強力なライバルがおり、さらにmoto g30と同じSnapdragon 662を搭載するRedmi 9Tも1万7490円(税込)と、さらに安価に販売されています。

激戦区となっているミドルクラス市場だけに、motorolaも力を入れているのだと思いますが、もう少し尖った端末を出してくれても……と感じるところではあります。ただ、ほぼ素に近いAndroidを利用出来るのも、motorola端末の特徴です。そうした部分の好みで端末を選ぶのも、個人的にはありだと思っています。