サムスンのGalaxyシリーズに続きモトローラからもメイン画面が折り畳める「フォルダブルスマホ」が日本国内でも販売されます(3月26日発売)。

関連: motorola razr 5G ブラック&ゴールド動画レビュー

「スマホ買ったらまずフィルム」はギークの常識ですが、こうした折り畳み端末に関してはどうでしょうか。当然、ガラスプロテクターは貼れませんが、薄いフィルムなら貼ることはできますし、実際に対応製品がリリースされています。しかし、端末メーカー側は貼ることを推奨していません。

razr 5Gをパッケージから出すと、折り畳み面に保護フィルム貼ったらあきまへんで~ぶっこわれるで(意訳)と書かれたシールが貼ってあります

メーカーはナゼ保護フィルムを貼ってほしくないのか? フォルダブルの機構上、どんなフィルムでも貼れるわけではありませんので、一律にNGとしてしまったほうが安全だからでしょう。とくにrazrの場合、折り畳み時に画面下方が本体の溝にちょっとだけ入り込む機構になっており、分厚くて寸法ギチギチのフィルムを貼ろうものなら、たちまり折り畳み時に変な音がして「ほら言ったやんけ~」と怒られることになりかねません。

しかし、薄くて柔らかい素材でできた専用フィルムならフォルダブル面に貼っても問題はないようです(保証はいたしません)。

そもそも持ち運ぶときは画面を内側にしているわけですし、危険を冒してまで貼る必要あるの? と思われる方もいらっしゃるでしょう。確かにその通りなのですが、フォルダブル端末の画面表面は、ガラスよりもコーティングが落ちやすいようで、実際にGalaxy Foldの初期ユーザーから画面コーティングの一部が剥がれてしまったという報告があったと聞きます(まぁガラスでもコーティングはいずれ落ちますが)。

フォルダブル端末はどれも高価ですし、やはり保護フィルムは貼っておいたほうが安心というのが私の個人的な見解です。

このフォルダブル端末に貼れる薄くて柔らかい素材のフィルムは、画面のフチが滑らかなラウンドエッジ端末用と同じ、貼り直しが効かないタイプ(ビニルに近い感触の素材)であるため、貼り付け難度はかなり高め。ここでは私が何枚か失敗し学んだ貼り付けのコツをミヤビックスのrazr 5G用フィルムを例にお伝えしたいと思います。

Engadget
motorola razr 5G用 画面保護フィルム OverLay FLEX(1320円)

motorola razr 5G用 画面保護フィルム OverLay FLEX(Amazon)

OverLay FLEXシリーズは、ラウンドエッジや折り曲げに柔軟に対応できる柔らかフィルム。剥離シートが表裏に貼ってあり、表面のシートを剥がすまではある程度テンションを保ってくれるので、ほかのメーカー製柔らかシートよりは断然貼りやすいです。

さて唐突ですが、ここで秘密兵器の登場です。

OverLay FLEX 専用 水貼りキット(550円)

OverLay FLEX 専用 水貼りキット(Amazon)

この水貼りキットがなくてもFLEXは貼れますが、あったほうがよりラク~に貼れちゃいます。数回ぶんあると思いますので、550円ですし、自信のない方はぜひ一緒に購入することをオススメします。今回は、こちらのキットを用いた水貼りの方法をご紹介します。

小さなスプレー筒に入っているのは特殊な水(成分は企業秘密だそう)。FLEXの1枚目の剥離シートを剥がしたら、糊のある面に(直接手を触れないよう)数回プッシュします。スマホ本体へスプレーしてはいけません(特にフォルダブルスマホは防水ではないのでご注意)。

Engadget
あらかじめ綺麗に拭った画面に、濡らしたフィルムを手早く置きましょう。アプローチの際、画面に手を触れぬよう私はセロテープで「耳」を付けてやっています

位置は濡れている間、少しは動かせますが、できるだけ正確な位置に置いて微調整するくらいの感覚でいくといいです。

Engadget
水貼りキットに付属のヘラで気泡を一番近いエッジに向けて追い出していきます。追い出した際、少し水が出てくるので、付属の布で吸収しましょう(ティッシュなど繊維が付くものは避けたほうが無難です)

ここでいかに気泡を少なくしておくかがポイントなのですが、かといって無理にグリグリやると画面にダメージを与えてしまい本末転倒。そーっと優しく、無理せず行ないましょう。

Engadget
まだ気泡は残っていますが、このくらいで十分です

この段階で端末を折り曲げることはNGです、画面にダメージを与えてしまう可能性がありますので。表面の剥離シートをペロンとするまでガマン。

Engadget
「2」とシールの貼られたほうの剥離シートをそっと剥がします。乾いてないとフィルム本体も一緒に持ち上がってしまいますので、少し待ったほうがいいです

Engadget
表面の剥離シートをめくると、思った以上にエアが残っている感じがしてしまいますが大丈夫です(後述)

2枚目の剥離シートを剥がした後は、ヘラを使ってはいけません(フィルムがたわんだり、傷ついてしまうため)。

Engadget
ちなみに、もう曲げても大丈夫です。最初、ちょっとドキドキしますが…

razr用FLEXには外装用もあります。せっかく折り畳んでコンパクトにできるのがウリなのに、武骨なケースを着せたくない──けれど裸運用は怖いという方は、こちらもセットで貼っておくといいでしょう。

Engadget
motorola razr 5G 用 背面保護フィルム OverLay FLEX(1320円)

motorola razr 5G 用 背面保護フィルム OverLay FLEX(Amazon)

やはり貼り付けは上級者向けですが、水貼りならその難度はグッと下がります。

Engadget
画面用と同様、フィルム側に水をスプレーし、置くように貼ってから位置を微調整。カメラとマイク穴をガイドにアプローチします

フラットな画面と異なり外装は曲面があるため、2枚目の剥離シートを剥がすまでは端まで吸着させられません。

Engadget
フラット面のエアをハケでできる限り抜いて、2枚目の剥離シートを剥がしたのち、端まで指で吸着させるようにします

Engadget
裏側も同様に行ないます。この部分が最もエア抜けが悪いですが、気にすることはありません

細かいエアは自然に抜けていく

Engadget
貼り終えてから数時間後

Engadget
半日後

Engadget
翌日

……と、このように時間が経てば細かい気泡は抜けて無くなります。といって最初のヘラ作業を怠ると残ってしまう場合もあると思いますので、ある程度は頑張っておくことをお勧めします。

サブディスプレー面も徐々に抜けて…

Engadget
翌日には何も貼ってないかのように!

Engadget
背面も少し時間かかりましたが、翌日には綺麗に吸着していました

ん~、思った以上に水貼り最強ですね。柔らかいフィルムなので、ずっと無傷とはいかないかもしれませんが、さほど手触りにも影響ありませんし、綺麗に貼れたので大満足。

折り曲げもタッチ操作もまったく違和感ありません。これでコーティング落ちの心配もなく安心して使えそう

razrに限らずフォルダブル端末はまだたいへん高価です。端末メーカーは(フォルダブル面に関しては)プロテクターを貼るなと警告してますが、OverLay FLEXは今のところまったく問題は出ておりませんし、精神衛生上むしろ貼ったほうがいいかと思います(保証はいたしません)。