NurPhoto via Getty Images
NurPhoto via Getty Images

米マイクロソフトが、中国ByteDanceの人気アプリTikTokの運営会社を買収する意向であることを公表しました。サティア・ナデラCEOはすでにトランプ大統領と会談の場を持ったとされ、さらに対話を継続し数週間のうちに、遅くとも9月15日までには買収交渉を完了するとブログ記事で述べています。

8月1日には、ByteDanceがマイクロソフトへのTikTok売却に合意したと報じられましたが、その翌日にはエアフォース・ワンの機内でトランプ大統領が、必要なら大統領命令を出してTikTokを使用禁止にすると述べたとも伝えられ、その発言によってマイクロソフトは買収交渉を一時停止したとも言われていました。

マイクロソフトによるTikTok買収が成立すれば、米国内だけでなくカナダやニュージーランド、オーストラリアでもマイクロソフトがTikTokを所有・運営することになるとのこと。また、買収はマイクロソフト単独ではなく、米国内の投資家を少数株主として迎える考えもあるとされます。マイクロソフトは「TikTokの長期的な成功に自身がある」と述べています。

マイクロソフトのブログによれば、ByteDanceとの話し合いは予備的なものとされるものの、「TikTokの米国人ユーザーのすべての個人データが確実に米国に転送され、すべて転送後に国外にあるデータは削除されることを保証する」と具体的なユーザー情報の保護についても言及しています。さらに、買収が成立すれば「TikTokに世界最高レベルのセキュリティ保護、プライバシー保護、およびデジタルセーフティ保護を追加する」としました。

トランプ大統領や政府関係者らはTikTokに情報流出のおそれがあるとして、これまでに軍や政府機関でのTikTok使用を禁止するなどの対応を打って来ました。しかしByteDanceは一貫して中国政府との関連を否定しており、もし中国当局からユーザーデータなどの提出を求められても、それを拒否すると述べています。

なおマイクロソフトは、今後は買収に関する議論に決定的な結果が出るまでは、更新情報を提供しないと述べています。

source:Microsoft Blog