富士山

 

昨年は新型コロナウイルスの影響で山開きができず、2年ぶりの解禁となる富士登山。登頂を楽しみしているユーザーも多いはず。そんななかKDDIと御殿場市は7月12日、御殿場市の新五合目に設置されたマウントフジトレイルステーションにて、今年度の富士山観光についての発表会を開催。「勝俣州和の富士山バーチャルガイドツアー」や「バーチャル富士登山」、「マチカメ」といった取り組みを発表した。

富士山
▲新五合目のマウントフジトレイルステーション

富士山
▲富士登山観光に関する3つの取り組み

発表会に登壇した御殿場市若林洋平市長は、今回発表会を行ったトレイルステーションについて、「これまであまり人気がなかった御殿場口の活性化を目指し設置」と説明。さらに情報発信のための拠点として、KDDIとの取り組みが重要と話していた。

富士山
▲御殿場市若林洋平市長

富士山
▲トレイルステーションの概要

富士山
▲今年の富士登山におけるコロナ対策について

取り組みのひとつ「勝俣州和の富士山バーチャルガイドツアー」は、現地に掲示されているQRコードを専用アプリの「SATCH X」で読み込むと、画面上にタレントの勝俣州和氏が登場し、その観光スポットの案内などをしてくれる。

富士山
▲トレイルステーションに設置されたQRコード

富士山
▲画面内の勝俣州和氏が観光ガイドをしてくれる

また同じくAR技術を使ったのが「バーチャル富士登山」。専用アプリの「XR Door」を使い、山頂付近で撮影した360度映像をスマートフォンでAR表示するサービスで、発表会当日はリアルタイムでの映像配信も行われていた。

富士山
▲「XR Door」で富士山頂の映像が見られる

そのほかトレイルステーションには「マチカメ」が2台設置されており、晴れていれば富士山を背景にしたセルフィーが高画質のカメラで撮影可能。撮影した写真はスマートフォンに送られてくるため、手軽にSNSなどで共有もできる。

富士山
▲高画質でのセルフィーが撮れるマチカメ

富士山
▲雲海を背景にできるマチカメも用意されている

富士山
▲マチカメで撮影した写真はスマートフォンへダウンロード可能

今回の取り組みについて、KDDI 中部総支社 総支社長の岡部浩一氏は「今年の富士山の課題として、コロナ禍においてどう登山者を迎え入れるか。そして登山を見送った人の心をどう繋ぎ止めるか」がポイントと解説。そのため登山者の迎え入れとして「バーチャルガイド」と「マチカメ」、後者には「バーチャル富士登山」で、富士登山を味わってもらえるように設置しているわけだ。

富士山
▲KDDI 中部総支社 総支社長の岡部浩一氏

富士山
▲KDDIのこれまでの取り組みについて

またエリア展開としては、今年は富士山頂に5G基地局を設置。登山道は4G(LTE)もしくはWi-Fiで、すべてを5Gのエリア化しているわけではないが、山頂周辺では5Gでの接続が可能。通信速度テストでは700Mbpsを計測していたとのこと。

(更新:700Mbpsは理論値であり、山頂での実測は約400Mbpsでした。訂正しお詫び申し上げます)

▲KDDIは山頂を5Gエリア化

「バーチャルガイドツアー」と「バーチャル富士登山」、「マチカメ」の3つのサービスは、いずれも無料で利用可能。特に「バーチャル富士登山」は自宅でも富士山登頂気分を味わえるので、新時代の富士山観光としてオススメだ。