新しい「ミュージック」アプリは検索性アップ!【iOS 14】:iPhone Tips

自動再生ができるように

嘉陽桃(TEKIKAKU)
嘉陽桃(TEKIKAKU)
2020年10月18日, 午前 07:10 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
iPhone

iOS 14の「ミュージック」アプリでは、「ライブラリ」でプレイリストの検索や、「検索」で種類別に調べることができるようになりました。見つけたい曲やアルバムをさっと見つけやすい仕様です。また、再生中の曲と同じようなミュージックを集めて流す「自動再生」も可能に。今回は、そんなiOS 14の「ミュージック」アプリの新機能をご紹介します。

「プレイリストで検索」を使う

「ライブラリ」では自分が追加したアルバムなどを見られるほか、プレイリストの検索ができます。作成したプレイリストが多いときに、プレイリスト名で検索すれば、いちいちスクロールして探す必要がなくなります。

まずは「ミュージック」アプリを開き、下の「ライブラリ」を押します。「プレイリスト」をタップすると、作成・追加したプレイリストの一覧が表示されます。下に軽くスワイプすると、上部に検索窓が出ます。

iPhone
▲「ミュージック」アプリを開き、下の「ライブラリ」を押す。「プレイリスト」をタップ(左)。下に軽くスワイプする(右)

上部に検索窓が表示されたら、プレイリスト名のキーワードを入力します。入力中に、該当するプレイリストが現れます。

iPhone
▲上部に検索窓が表示されたら、プレイリスト名のキーワードを入力(左)。入力中に、該当するプレイリストが現れる(右)

検索タブで探す

「検索」タブでは、Apple Music内やライブラリ内の音楽を調べられます。これまでの検索タブでは、検索窓から調べても縦に曲やアルバムなどが表示され、下にスクロールする仕様でした。

iOS 14では、検索窓とカテゴリ検索の2つから検索可能です。検索窓でアーティストや曲などを検索すると、「上位の検索結果」が左端に現れます。左にそのタブをスクロールすると、アルバムやミュージックビデオなど各ジャンルに絞って探せるので便利です。ここでは検索窓から調べてみましょう。

右下の「検索」を押して、上にある検索窓でアーティストや曲名などを入力して検索。すると、「上位の検索結果」が現れます。「アーティスト」や「アルバム」などが並んでいるところを左にスクロールしてタップすればさらに細かく絞れます。

iPhone
▲右端のタブの「検索」を押して検索窓にアーティストや曲などの名前を入力する(左)。左端に「上位の検索結果」が表示され、左にスクロールして「プレイリスト」や「ミュージックビデオ」からも探せる(右)

曲を自動再生する

同じような曲を集めて流す「自動再生」機能で、好みの曲を見つけてみましょう。下に表示されている、再生中の曲名を押します。全画面表示になったら、右下の一覧アイコンをタップします。

iPhone
▲再生中の曲名を押す(左)。全画面表示になったら、右下の一覧アイコンをタップ(右)

次に再生される曲の表示画面に切り替わるので、「∞」のマークをタップすると、「自動再生」ができます。いま再生中の曲やプレイリストから、自動的に楽曲がリスト化され、こちらで選曲をしなくても連続再生されます。

また、自動的にリスト化された曲のなかから特定の曲だけ外したり、再生の順番を自分好みに変えたりすることができます。

iPhone
▲次に再生される曲の表示画面に切り替わるので、「∞」のマークをタップ(左)。「自動再生」のリスト曲の右にある「≡」を長押しして上下に移動させると順番を変更できる(右)

iOS 14の「ミュージック」アプリでは検索機能が充実したので、素早く探している曲などを見つけやすくなっています。「自動再生」の機能は、再生中の曲と同じような曲を後から再生してくれるので、新しい曲やアーティストを知るきっかけにもなりおすすめです。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iphone, tips, iphone tips, Music, ios14, iphonetips, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents