音楽を聴くときに使える!「ミュージック」機能の3つのテクニック:iPhone Tips

タイマー設定はradikoでも使えます

嘉陽桃(TEKIKAKU)
嘉陽桃(TEKIKAKU)
2020年06月25日, 午前 07:11 in iPhone Tips
0シェア
FacebookTwitter
iPhone

音楽を聴きながら寝落ちして、朝まで曲がかかったままだった。ロック画面のミュージック表示に誤って触れてしまい、音量MAXになって耳が痛くなった。そんなことをなくすために、音楽のタイマー設定や音量制限などの機能が役立ちます。

今回は、好きな時間に音楽が止まるようにタイマー設定をする方法や、音量を自動調整する方法、音量制限のやり方をご紹介します。

音楽再生中にタイマー設定する

音楽再生中に「時計」アプリでタイマー設定をすると、指定した時間に音楽が止まるので、音楽を聴きながら眠りにつけます。これで音楽の流しっぱなしを防ぐことができ、寝落ちしても安心です。音楽を再生してから「時計」アプリを開き、「タイマー」をタップ。時間指定をして「タイマー終了時」を選びましょう。

iPhone
▲音楽を再生してから「時計」アプリを開き、「タイマー」をタップ(左)。時間指定をして「タイマー終了時」を(右)

下にスクロールして、「再生停止」に設定します。右上の「設定」を押して、「開始」すると、指定の時間に音楽再生が停止します。

iPhone
▲下にスクロールして、「再生停止」をタップして、右上の「設定」を(左)。「開始」を押すと、指定の時間に音楽再生が停止します(右)

音量を自動調整する

アルバムや曲によっては音量レベルの異なるものがありますが、自動調整機能で急な音量の上下を防げます。

「設定」アプリから「ミュージック」をタップして、「音量を自動調整」をオンに。これで、一定のボリュームで聴くことができます。

iPhone
▲「設定」アプリから「ミュージック」をタップ(左)。「音量を自動調整」をオンに(右)

音量制限をかける

この設定をしていると、設定した音量より大きくなることがないので、誤って音量を上げて爆音で驚くことはなくなります。ただし、この機能はイヤフォンやヘッドフォンをiPhoneに接続しているときのみ有効です。

「設定」アプリから「ミュージック」を開き、「音量制限」をタップ。最大音量を適度な音量に設定しましょう。

iPhone
▲「設定」アプリから「ミュージック」を開き、「音量制限」をタップ(左)。最大音量を適度な音量に設定します(右)

音楽を聴く時間を決めて、タスクをこなしたいときなどにもタイマー設定は使えます。音量を自動調整したり、音量制限をかけたりするだけで快適に聴けるのでおすすめです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: music, iphone tips, tips, volume, iphone, iphonetips, news, gear
0シェア
FacebookTwitter