Engadget

カシオ計算機は10月20日から、約190万通りから“G-SHOCK”が作れる『MY G-SHOCK』のサービスを開始しました。価格は1万5400円~で、採用するパーツによってかわります。筆者の選択した組み合わせでは16,500円でした。配送期間は注文から3~5週間程度で発送です。

関連リンク:MY G-SHOCK

サービス発表時から妙に気になってた筆者はサービス開始日にオーダーして、今日(10月29日)に届いたのでそのレポートです。

Engadget

『MY G-SHOCK』は、初号機を引き継ぐスクエアデザインにカーボンコアガード構造を採用した『DWE-5610』をベースにカスタムが可能です。ベゼル・バンド・遊環は、それぞれサービス開始時の限定カラーを含め19種類以上を用意し、約190万通りの組み合わせから選べます。さらに、3つのループで構成されるトリプル遊環を選択すれば約6億5800万通りの組み合わせが可能です。

Engadget
色々作りました
Engadget

組み合わせを考えて、そのデザインも保存できるのあれこれ見比べることができます。色が多くてちぐはぐなのは良くないかなと思い、基本的には「FOG MATTE」で揃えて、フェイスを“G-SHOCK”初のカラーモデルとして登場した「DW-5600B-2V(1991年 海外発売)」のものにして、アクセントとしてバンドループを派手な「MAGMA ORANGE」にしました。

注文から8日後、ブツが届きました。

Engadget
Engadget

実測は51gで、柔らかい質感なだけあり更に軽く感じて、装着時も快適。G-SHOCKらしく、耐衝撃構造と20気圧防水なのでキッチンでの水仕事なんかは着けたままでも平気でしょう。

ちょうど時間が空いたので部屋の壁に向かってこれからのビジョンを語ってみました。

Engadget
Engadget
Engadget

「シゴトはいつも本気モードだけど、かわいくてセンスのある時計を着けてるつくね伯爵は、遊び心もあって素敵!」と、壁が思ってるような気がしました。

一見普通のモデルっぽいけど、カスタムモデルなのは僕だけが知ってます。そんな特別なG-SHOCKとともに日々を過ごします。

組み合わせを考えているだけでも楽しいので、「推しキャラ」「好きなサッカーチーム」など、アイデアは尽きないでしょう。しかも、15,400円~と「時計」にしてはそこそこ馴染みやすい価格で購入できちゃうので、いろんな組み合わせをコレクションして、気分に合わせて付け替える………。なんてこともできそうですね。

Engadget

関連リンク:MY G-SHOCK

DWE-5610の主な仕様

構造 耐衝撃構造

防水性能 20気圧防水

ストップウオッチ 1/100秒(00'00"00~59'59"99)/1秒(1:00'00"~23:59'59")、24時間計、スプリット付き

タイマー セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート

アラーム マルチアラーム、時報

その他の機能 フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、ELバックライト(残照機能付き)、報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)

常温携帯精度 平均月差±15秒

使用電源・電池寿命 CR2016・約2年

大きさ 48.9×43.8×13.7mm

質量 約54g