mynumbercardpoint biccamera

ビックカメラは7月1日より、マイナンバーカードの申請支援策として、マイナポイントの予約と申し込みが可能な専用端末をビックカメラ、コジマ、ソフマップの各店舗に設置します。

マイナポイントの具体的な内容は、キャッシュレス決済手段とマイナンバーをひもづけることで、決済またはチャージ額の25%(最大5000円相当)を還元するというもの。マイナポイント事業は、総務省主導のもと2020年9月より開始します。キャッシュレス決済やマイナンバーの利用促進に加え、消費増税や新型コロナウイルスで落ち込んだ経済を活性化させる狙いがあります。

ビックカメラグループの各店舗に設置された専用端末では、マイナポイントの予約(マイキーID設定)や申し込み(決済サービスの選択)が可能。マイナンバーにひもづけできる決済手段は1つだけで、予約申し込みにはマイナンバーカードが必要です。

マイナンバーカードを取得済みであれば、そのまま専用端末から申し込めます。マイナンバーカードを取得していない場合は、マイナンバーカードの作成方法が記載されたリーフレットを持ち帰ることができます。

なお、専用端末は申込者自身が操作する必要があり、操作方法について分からないことがあった際に各販売店員がサポートを行うとしています。

mynumbercardpoint biccamera

▲ビックカメラグループは、マイナポイント予約・申込支援事業者としてサポーターマークを掲示


関連記事:


source:ビックカメラ