多くのバトロワゲーが世に送り出されていく昨今、銃ではなく魔法を撃ち合うものや、近接武器を主体としたものなど、様々なバリエーションが登場しています。

今回紹介する「NARAKA: BLADEPOINT」も、近接武器をメインにしたバトロワもの。東洋風の世界観や、パルクールのような自由な移動、固有のスキルを持った魅力的なキャラクターなどが特徴のゲームです。

本作の開発は中国の24 Entertainment、運営はNetEase Gamesが行っています。8月にリリースされたばかりの本作は、PC(Steam)にて、通常版が2200円(3800円、5600円の別バージョンも存在)で販売されています。

NARAKA: BLADEPOINT

本作は60人で争うアクションバトロワで、武器やアイテムなどを拾いながら最後の一人になるまで戦い、生き残ったプレイヤーが勝者となる、基本的なバトロワの要素を抑えているゲームです。

本作では、アサルトライフルやミサイルランチャーなどの近代兵器は使用せず、剣や槍などの近接武器で戦うことになります。一応、遠隔武器も存在しますが、牽制などで活躍する弓や火縄銃といったローテクなものばかりで、自由度の高いスピーディーな移動システムの存在もあって、遠距離で戦い続けるのは殆ど不可能となっています。

早速ですが、本稿ではそんな本作の魅力をお伝えできればと思います。

■美麗なマップを駆け回れる自由度の高い移動システム

本作を起動するとまずチュートリアルが始まります。ここでは基本操作、WASDでの移動やスペースでのジャンプ、クリックで攻撃などの基本操作を学べます。プレイしてまず目につくのはグラフィックの良さ。東洋風の世界観に引き込まれます。

チュートリアルでは、モンスターを倒したり、バトロワの舞台となる「モルス島」に向かうまでの簡単なストーリーがあったりと、アクションRPG感が強く、買ったゲームを間違えたのではないかとヒヤヒヤしながらプレイしました(笑)。

東洋風の世界観が本作の魅力です

そんなこんなでチュートリアルを終え、早速戦場に出向きます。ここからは、今まで慣れ親しんだバトロワと同じく、アイテムを探しながら、フィールドが狭まる前に移動し、敵プレイヤーと生き残りをかけた戦いをしていくことになります。

バトルフィールドは高低差が激しく、木々や家だけではなく、巨大な建造物や崖がそこら中に存在します。本作では、ダブルジャンプや、壁走りが可能になっており、こうしたオブジェクトに上りつつ移動することが可能です。

高所に上ることで、アイテムを発見できたり、敵をやり過ごしたりすることができる他、高所から落下しながら攻撃することで敵に奇襲をかけることもできます。尚、本作はどんな高さから落ちても落下ダメージはないので安心です。

本作では壁を走って移動したり、木に登ったりすることが可能です

そんな本作の移動をより面白くしているのが、マップのいたるところで拾うことのできる「鈎縄」を用いて行う「飛糸」アクション。鈎縄を壁や木などのオブジェクトにひっかけることで、瞬時に低所から高所へと移動することができます。鈎縄は空中でも使用できるので、ジャンプや落下中に挙動を変えたりすることも可能です。

鈎縄を壁に引っ掛ければ……

一気に跳ぶことが可能です

また、鈎縄は敵にも使用することができ、遠距離攻撃をしてくる敵や、高所で身を隠している敵に対して使えば一気に距離を詰めて近接に持ち込むことも可能です。逆にピンチの時に逃げの一手として鈎縄を使用することもできるなど、鈎縄の使い方次第で戦闘を有利に進めることが可能です。

因みに、鈎縄は消費アイテムですが、使う場面が多い分、手に入る量も多いのである程度手元にあるならば気にせず使っても大丈夫です。もちろん、序盤から乱用するのは考え物ですが……。

とにかく、鈎縄の存在は移動を楽しくするだけでなく、待ち伏せなど戦略をより奥深くしていて、近接攻撃主体のシステムを支えている、要となるシステムだと感じました。

■アーマーに回復薬、そして「魂玉」でステータスアップ

こんな風に、本作では自由な移動システムを活用しながらフィールドを駆け回り、アイテムを回収していきます。多くのバトロワと同じくアイテムにはレアリティが設定されているので、なるべく高レアリティのアイテムを探しましょう。特に武器と防具は高レアのものを装備しているかどうかでバトルの結果が大きく変わります。

ゲーム開始前にマップのどこからスタートするかを決められます。レアアイテムが多い地点は激戦区になるので、自分の腕と相談してどこからスタートするか決めましょう

アイテムには武器や防具のほかに、ステータスを上昇させる「魂玉」や、回復アイテムなども存在。こちらもレアリティが設定されています。「魂玉」は装備することでHPや防御といったステータスをあげることができるのですが、高レアリティの物は特定の武器を強化するものも。これを高レアリティの武器とセットで持つことができれば、超強力なキャラクターが誕生します。

魂玉はステータスをあげるものが中心です

高レアリティのものは、特定の武器を強化してくれます

また、アイテムはマップ上にいる商人からコインを払って購入することも可能です。コインはアイテムと一緒に落ちていたり、探索中に手に入るミッションをクリアすることでも入手が可能です。

商人から購入中は背後から敵が来ていないか注意が必要です

アイテム探索が終わったら、装備の状況に合わせて敵を探し回ったり、待ち伏せをしてみたりと、様々な戦略をとることが可能です。戦闘で勝利したら敵からアイテムを回収し、より強力なビルドにして最終決戦に挑みましょう。

アイテムが揃わなくても、茂みに隠れてステルスプレイをすることもできます。画像ではシールドがなくなり一旦茂みに退避中

■戦闘は3すくみの読み合いが熱い!

さて、本作最大の魅力は近接での3すくみの戦闘システム。近接攻撃には「通常攻撃」「剛体攻撃」「崩し」の三種類が存在し、通常攻撃は崩しに、剛体攻撃は通常攻撃に、崩しは剛体攻撃に強いといった関係にあります。

モーションの早い通常攻撃。連続で繰り出せばコンボになります。左右のクリックでモーションが異なる横切りに、縦切りに分かれています。また、通常攻撃を連打しているとコンボになり、最後の一撃が剛体攻撃になります
青く光る剛体攻撃はスーパーアーマー付きで通常攻撃を耐えつつ攻撃を繰り出します。ボタン長押しで出すことができますが、溜めがあるため考えなしに打つと敵の崩しで反撃されてしまいます

赤く光る崩しは剛体攻撃だけをとれるカウンター技。左右のクリック同時押しで出すことができます。決まれば相手の武器をたたき落とし、追撃も可能ですが、通常攻撃には負けるのと、空振りでスキを晒すので相手の剛体攻撃を読めたタイミングで使用する必要があります

基本となる攻撃は通常攻撃ですが、そこに剛体攻撃でのカウンターや、剛体攻撃を読んでの崩しが入ることにより、奥深い読み合いを楽しむことができます。

尚、本作はランク制をとっているので、最初のうちは初心者同士でマッチングします。初心者帯では崩しを上手く使ってくるプレイヤーが少ないので、剛体攻撃を乱発していれば何とかなることが大半です。

また、本作は通常攻撃を連打していると勝手にコンボがつながり、締めの一撃が剛体攻撃になります。剛体攻撃が決まると、ごっそり体力を持っていかれてしまいますが、実はここが崩しを打つポイントとなっています。無暗にコンボを繋げてくる敵には崩しで対応してみると予想以上に決まるのでおススメです。逆に自分がコンボを決めているときは、あえてコンボを中断することで、敵の崩しを誘って狩ることもできます。

こんな風に、本作の近接戦闘は格闘ゲームのような読み合いがかなり熱く、ここに武器ごとのモーションの違いや、キャラ毎のスキルを利用した立ち回り、遠距離攻撃での削り、鉤縄を利用した逃亡や追撃なども加わり、今までのバトロワにはない駆け引きを楽しめます。特に、バトルの最後は1vs1の戦いになりやすく、緊張感のある読み合いをすることができます。

リロードがない代わり、武器は使っていると壊れてしまい、修理の必要がでできます。修理中は数秒間無防備になってしまうので周囲に気を配りましょう

また、本作は武器によって大きく性能が異なります。各武器の剛体攻撃の性能などは、ホーム画面で確認できるので、戦闘前にチェックするといいでしょう。

本作は練習場や 制限時間まで敵と戦い続けることができる「エンドレス試練」など、練習用のモードも存在するので、こちらで近接戦闘に馴れておけば勝率も上がるのではないでしょうか。

武器の性能はホームから確認が可能です
剛体攻撃は武器によって性能がかなり異なります。例えば、剣の剛体攻撃は衝撃波を飛ばします
遠隔武器は牽制や追撃、そして漁夫の利を狙うときに有効です

尚、本作のバトルは、ソロだけでなくトリオで挑むものも存在。トリオでも、3すくみの読み合いは重要ですが、それよりも味方との連携が重要で、ソロと異なって、複数人に囲まれて殴られると簡単に倒されてしまうので、探索の際も孤立しないように、気を使って立ち回る必要があります。また、トリオでは序盤に一度倒れても復活できるシステムがあるのが特徴です。

■カスタマイズ性の高いキャラクター

本作はキャラクターを選択してバトルに挑むタイプのバトロワで、現時点で「武者」と呼ばれるキャラクターが7人実装されており、それぞれが固有のスキルである「武技」と「奥義」を有しています。スキルにはクールダウンが設定されており、特に奥義は一度使用すると長時間使用することはできないので、使いどころが肝心です。

どのスキルも個性的で、例えば「滄海」は武技で相手の攻撃をブロックし、奥義で身体を強化することができます。他にも、奥義で金剛力士に変身できる「天海」や、チーム戦で活躍する回復スキルを持った「土御門胡桃」などなど、個性豊かなキャラクターが実装されています。

キャラクターは現在7人が実装。画像の「カナン」はステルスや瞬間移動を使える筆者のお気に入りのキャラクター

天海の奥義は金剛力士に変身。敵を掴んで投げることができます

また、キャラクターのカスタマイズも幅広く可能で、キャラクターの習熟度をあげていけば、新しい武技や奥義が解禁されていき、違ったスキルの組み合わせで戦場に赴くことが可能になります。後から解禁されるスキルのほうが強い訳ではないので、これも自分好みのものを探しましょう。

キャラクターのステータスを僅かに上昇させる「印」も解禁されていきます。こちらも戦闘前に好みのステータスに微調整することが可能です

また、キャラクターの見た目も自由に変更が可能となっており、装飾品や衣装にとどまらず、キャラメイクをするように細かい調整を加え、自分だけのキャラクターを作ることが可能となっています。

■今後に期待できるタイトル

本作は3か月ごとにシーズンアップデートが入るとのことで、キャラクターの追加や、各種調整に期待できます。また、チーター検知システムが実装されていたり、チーターを報告し、報告が認められると報酬を貰えるたりと、多くのバトロワゲームが悩まされているチーター対策にも力をいれているのもポイントです。

総評として、「NARAKA」は自由な移動システムや、格ゲーのような読み合いが熱い近接戦闘など、これまでのバトロワとは全く異なる体験のできる革新的なタイトルなので、ぜひプレイしてみてください。

バトロワらしく、運で勝つこともできますが、戦闘では3すくみのルールをしっかり理解しないと1ラストの一騎打ちで勝つのが難しいかもしれません。だからこそ、勝てた時の達成感は格別です。

勝者は「選ばれしもの」に

©2021 Hangzhou 24 Entertainment Network Technology Co.Ltd.All Rights Reserved