NASAで開発?の水素燃料電池スーパーカー「Hyperion XP-1」8月発表へ

「高性能かつ排出ガスゼロの水素電気パワートレイン」搭載

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年07月15日, 午後 02:50 in ev
0シェア
FacebookTwitter
Hyperion
Hyperion

謎のスーパーカーを開発していると言われてきたHyperion Motorsが、8月に水素燃料電池式スーパーカー”XP-1”をオンライン発表することを明らかにしました。

当初は4月のニューヨークモーターショーがその発表の場でしたが、折からの新型コロナの影響でモーターショーは中止となっていました。HyperionのAngelo Kafantaris CEOは「我々は、水素ベースのパワーシステムを使うHyperion製品を世界に向けて発売できることを非常に楽しみにしています。宇宙に最も豊富な元素である水素の可能性は事実上無限大です。我々の目標は、刺激的な自動車やインフラストラクチャーで水素をもっと世の中に伝えることです」と述べています。

ほんのり、あやしい団体っぽい香りのするコメントや、今年1月には「地球上で最も先進的なテクノロジーのいくつかを提供するためにNASAで開発している」と述べていたことに若干の胡散臭さを覚えるものの、このマシンは「energy creation(エネルギー生成), storage(貯蔵) and propulsion(推進)」にフォーカスして開発されているとの言葉を信じるなら、XP-1は水素燃料電池式のスーパーカーとして8月にその姿を現すことになるはず。

これまでに公開されている画像を見る限り、張り出したフェンダーや低い車高などはかなり格好良さげなので、とりあえずはその姿を見るのを楽しみに待ちたいところ。それまでは、Hyperionがさきほど公開した、ほぼ情報のないティーザー動画でもご覧ください。

source:Hyperion

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ev, Hydrogen, Hyperion, Hydrogen vehicle, news, gear
0シェア
FacebookTwitter