SpaceX
SpaceX

NASAが国際宇宙ステーション(ISS)への宇宙飛行士輸送について、正式にSpaceXに承認を出しました。SpaceXは5月に有人飛行試験Demo-2ミッションを実施し、ボブ・ベンケンおよびダグ・ハーリー両飛行士をISSへまで送り届けそして帰還させることに成功しました。

その後、商業飛行士輸送としての初の打上げとなるCrew-1ミッションが計画されましたが、その予定は他の打上げとの兼ね合いもあって10月13日、10月31日と繰り返し延期され、最終的に11月上旬~中旬の予定に変更されていました。そしてそれがようやく、11月14日(日本時間15日)に行われることがアナウンスされました。

NASAのジム・ブライデンスタイン氏は「この承認はNASAとSpaceXにおける大きな節目となります。われわれが民間企業とともに大きな進歩を遂げることができるという事実を際立たせるものと言えるでしょう」とコメントしました。

Demo-2は試験的な打上げでしたが、2011年以来はじめての米国の大地から米国企業が米国人飛行士を宇宙へ送り込むという米国にとっては記念すべきミッションでした。そしていま、正式な承認を得たことで、NASAとSpaceXは今後多くの飛行士を自国のペースで宇宙へ送り出すことが可能になります。

Crew-1ミッションは、NASAのケネディ宇宙センターにある第39発射施設から日本時間11月15日9時49分に打上げ予定。今回ISSへ向かうメンバーには日本の野口聡一飛行士が含まれており、Crew Dragon宇宙船に搭でISSへ向かいます。JAXAはこの打上げの特設サイトを公開しており、YouTubeでのライブ配信も予定しています。

日曜日の午前というちょうど良い時間帯の打上げになるので、宇宙に興味ある人、また宇宙に興味を持ちそうなお子さんがいる家庭は、視聴予定をスケジュールに書き込んでおくと良さそうです。

source:NASA
Coverage:JAXA