Buffalo Nasne
Nasne

3月末の発売以来、入荷してはすぐに完売が続くバッファロー版 nasne が受注を再開しました。

定期的に再入荷するようにはなりましたが、ほぼその日のうちに売り切れてしまうため、買い逃していたかたはいまがチャンスです。

バッファロー nasne HDDレコーダー (Amazon)

ラインナップは内蔵2TB HDD / シングルチューナーの1モデルのみ、価格は2万9800円。

Amazonのバッファロー公式ストア専売となっており、ほかのECサイトや店頭では販売していません。

nasne
Buffalo

nasne って何だっけ?という場合に分かりやすいのはこちらの図。

要はテレビにつなぐ代わりにLANに接続するTVレコーダーで、スマホやPCなどネットワークに接続できる機器がすべて録画対応の「テレビ」になる製品です。

視聴は自宅内だけでなく出先でも、移動中にモバイルデータ通信でも、放送中番組のリアルタイム・録画ともに対応します。

かつてはプレイステーションをレコーダーにする製品のコンセプトでソニーが販売していましたが、現行モデルはソニーから商品を継承したバッファローによる再設計を経た新型にあたります。

旧ソニー版との差や継承の経緯はこちら。

バッファローの新生 nasne 、アマゾンで予約受付開始。内蔵2TBと高性能化で2万9800円

バッファロー版は内蔵ストレージ容量が倍増の2TB+最大6TB追加で計8TBまで対応、iOSへのストリーミング解像度向上、ポータブルSSD / HDD対応、SMB 2.0対応でNASとして使い勝手向上など進化した一方、旧モデルとの互換性を保っており、追加で混在させてもチューナーとストレージが増えたように使えます。

スマホやタブレットでの視聴アプリはソニー製の torne mobile 。PCではPC TV Plusアプリを使います(別途購入)。

torne mobile / nasne
Sony

いつでも観られるストリーミング配信の動画サービスが普及したことで、テレビの前に座るか忘れず録画しないと番組に追いつけない時代はもはや過去になりましたが、そのままテレビ視聴まで廃れるかと思えば、SNSでもっともトレンドに上がるのはいまもリアルタイムのテレビ放送です。

nasne は使いやすいスマホアプリがあることで、動画配信サービスの普及を促したスマホの進化や携帯ネットワーク大容量化の恩恵を受けて、リアルタイム性を楽しむSNS時代の新しいテレビとでもいうべき使い方ができます。

テレビの前に座る必要もなく、「配信待ち」のタイムラグをネタバレに怯えることもなく、放送をリアルタイムでながら観しつつSNSも同じスマホの画面で楽しめるのは懐かしく新しい感覚です。

バッファロー nasne HDDレコーダー (Amazon)

完売続きの nasne が受注再開、約一週間ぶり。Amazonのバッファロー公式専売 - Engadget 日本版