ナビタイム、混雑エリアマップを無償提供。3密回避策で

一部機能は通常通り有料

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年06月18日, 午後 03:00 in navitaime
0シェア
FacebookTwitter
navitime

ナビタイムジャパンは6月18日、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」において「混雑エリアマップ」の無償提供を開始しました。

混雑エリアマップは、現在の混雑状況を9段階に色分けして地図上に表示する機能。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の最新情報を5分ごとに自動更新します。

アプリを最新バージョンにアップデートすると、地図の選択メニューに「混雑情報」が追加され、地図を切り替えて混雑度を表示できるようになります。

なお、NAVITIMEアプリのダウンロード自体は無料ですが、有料会員向けの「プレミアムコース」は通常通り月額300円(税抜)からとなります。

navitime

また、ルート検索結果からの地図画面や音声案内画面、スポット詳細情報画面からも確認できるため、出勤や外出でルートやスポットを調べる際に、最寄り駅や目的地周辺がどのぐらい混雑しているかも合わせて確認することが可能です。

なお、すべての機能はユーザーの許諾を得た上で、本アプリを使用する端末の位置情報を取得し動作します。

ナビタイムは『混雑情報をヒートマップを使って可視化しており、三密回避に役立ててほしい』としています。


■NAVITIMEアプリをダウンロード


source:ナビタイムジャパン


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: navitaime, Navigation, GPS, mobile, App, coronavirus, news, gear
0シェア
FacebookTwitter