新型コロナ感染「手から顔」ルートを予防するネックレス、NASA JPLがオープンソース化

3Dプリンターがあれば簡単に作れます

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月27日, 午後 12:25 in nasa
0シェア
FacebookTwitter
Lisa Harbottle
Lisa Harbottle

新型コロナウイルスに限らず様々な伝染病は、目や鼻、口など身体の開口部からウイルスが侵入することで感染を拡げます。そして、われわれは知らず知らずのうちに手に付着したウイルスを、顔に運んでいることに自分ではなかなか気づくことができません。

NASAのジェット推進研究所(JPL)は、人の手が顔に近づくと振動して知らせるネックレス”PULSE”を開発し、新型コロナ感染を防止しようとしています。この設計はオープンソース化されており、だれでも複製、改良、配布できます。

PULSEは、3Dプリントしたケースに赤外線近接センサーを備え、手が顔に近づくと振動モーターが作動する仕掛けになっています。センサーの検出範囲は12インチ(約30cm)ほどあり、手が顔に近づくほど振動が強くなります。電源は3Vのコイン電池。

このネックレスのコンセプトは、われわれが無意識のうちに、それも頻繁に手を顔に持っていていることへの対応だとNASA JPLは説明します。無意識にしていることは、だれか他の人にいちいち指摘されでもしなければ気づくことすらままならず、まして改めることも困難ですが、PULSEはそれを振動で気づかせてくれるというわけです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に効く薬やワクチンはいまだ完成されていません。そしてそれができあがり世界中に行き渡るまでは、誰でも感染する可能性があります。次第にマスク不足は解消されるようになり、アルコールを含む消毒液も入手できるようになってきましたが、ウイルスを終息させるにはまだ月日がかかります。

それまで少しでもリスクを減らしたいと思うなら、未検証の薬などに手を出すよりも、PULSEのような具体的効果のあるデバイスを使用するほうが確実かもしれません。

ちなみに、NASA JPLはPULSEについて「医療提供者およびその他の人々がCOVID-19の蔓延を防ぎ、COVID-19の患者を治療するのを助けるために、このデバイスの設計を誠意を持って提供している」ものの、オープンソースとして公開するにあたり、米食品医薬品局(FDA)やその他の規制当局によるレビューや承認、COVID-19向け医療機器としての緊急使用許可などは得ていないと免債事項に記しています。

source:NASA JPL

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: nasa, jpl, jet propulsion laboratory, jetpropulsionlaboratory, covid-19, coronavirus, necklace, 3d printing, 3dprinting, medicine, health, news, gear
0シェア
FacebookTwitter