Google SmartDisplay
Google

Googleは8月18日(現地時間)、Nest HubやサードパーティのGoogleアシスタント対応スマートディスプレイ向けに、複数デバイスで同じ音楽を再生するオーディオグループの管理を簡単に行える機能を公開しました。

NestやNest Mini、Nest Hubなどのスマートスピーカーやスマートディスプレイでは、あらかじめグループを登録し、音楽再生時にそのグループを指定することで、複数のデバイスから同じ音楽を流せます。家中に設置したデバイスから同じ音楽が流れるので、リビングルームからキッチンに移動しても、途切れることなく同じ音楽を楽しめるわけです。

とはいえ、実際に使ってみると設定したグループ名を忘れてしまったり、他の家族が設定していて、そもそもグループ名が分からなかったりということもありえます。

その場合、これまではスマートフォンのアプリでグループ名を確認したりとやや面倒な操作をしなければいけませんでした。しかしスマートディスプレイがあれば、その画面上から再生デバイスを指定可能になる、というわけです。

YouTube MusicやSpotifyなどで再生を始めると、スマートディスプレイの画面左下にキャストアイコンが表示されます。これをタップすると、登録されているスマートデバイスの一覧が表示され、再生するデバイスの追加・削除を簡単に行えます。単にグループに追加するだけではなく、リビングで聴いていた音楽をキッチンのデバイスに引き継ぐ(リビングでの再生は停止する)といったことも可能です。

なお、この機能は画面上のインターフェースが必要なので、スマートディスプレイ以外では利用できません。ただ、同じ機能が今秋後半にスマートフォン向けのGoogle Homeアプリにも追加されるとのことです。

source: Google