Netflix
Netflix / TRIGGER・雨宮哲 / 円谷プロ / GRIDMAN製作委員会

Netflix アプリが「音声のみ」モードに対応しました。ほかのアプリを使いながら、あるいはスマホの画面を消しても音声だけで番組を楽しめます。

使い方は再生中に画面中央タイトル下の「動画オン」ボタンをタップするだけ。画面は番組のサムネイル固定になり、別のアプリに切り替えても、スマホの画面をオフにしても音楽アプリのようにネトフリの音声が聴けます。

止めるのは音楽再生・停止と同じ。ネトフリにアプリを切り替えて停止でも、通知からでも。

動画オフ状態ならば音声分のデータしか通信しないため、データ量の節約にもなります。なお現状ではAndroidアプリの最新版が対応しています。

Netflix
Engadget

再生中に「動画オン / オフ」ボタンを押せば手動で操作できるほか、アプリ設定で挙動を選べます。

オフは手動で画面のボタンを押した時だけ音声のみモードになります。

ヘッドホンまたは外付けスピーカーは、音声を外部出力しているときのみ、アプリを切り替えたりスマホの画面をオフにしても自動的に動画オフ・音声のみモードになります。

常にオンの場合、スマホの画面をオフにしても、アプリを切り替えたりホームに戻ってもネトフリの音声が流れ続けます。止めるにはネトフリに切り替えて停止か、通知から音楽コントロールで停止するか。音楽再生と同じです。

なお iOS版アプリでも、再生中に画面をロックしてからロック画面のコントロールやヘッドホンのボタンで再生することで、音声だけ聞くことは可能です。


Netflix アプリは iOS でも Androidでもピクチャー・イン・ピクチャーの子画面表示で、他のアプリを使いつつの「ながら視聴」に対応してきましたが、音声のみモードならばスマホの画面をオフにしてポケットやかばんに入れても音だけを聴き続けられます。

Netflixは以前、可変速再生を導入しない理由について「コンテンツ製作者の意向を尊重しているため」(勝手に早見早聴きされると作品が変わってしまう)と述べていたような気がしますが、いつの間にか再生速度は選べるようになり、今度は映像ナシまでユーザー側で選べるようになりました。

製作者がオーディオドラマとして作っていない以上、音だけで内容が伝わるとは限らず、作品を楽しむ意味ではちゃんと画面を見ろ! と他人事ながら思いますが、同じ番組を何周もしていて音だけ反芻したい場合や、語学の学習、そもそも音楽番組だったりする場合など音声で足りる場合は多く、また言語によっては音だけで状況が分かる副音声が用意されていることもあり、ユーザーが選択できるにこしたことはありません。