engadget

Netflixが初のECサイト「Netflix.shop」(ネットフリックスドットショップ)を立ち上げました。現時点での販売対象は米国に限られますが、数か月以内に日本を含む世界各国へ拡大します。

「Netflix.shop」は、アパレルや雑貨を販売するオンライン通販です。

日本のアパレル大手BEAMSとの協業にもとづき、「EDEN x BEAMSコレクション」「Netflix x BEAMSコレクション」を販売するほか、Netflixオリジナルアニメシリーズ「YASUKE -ヤスケ-」や「エデン」をモチーフにした新商品を取り扱います。加えて、Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」「ウィッチャー」「Lupin/ルパン」などにインスパイアされたアパレルおよび雑貨を限定発売します。

Netflix側は、アパレルや雑貨を扱うECに参入する理由を次のように説明しています。

『今後も、Netflixのビジネスの軸が動画配信事業であることに変わりありません。コンシューマー向けのアイテムを展開することにより、動画配信という「かたちのない」サービスを展開する企業として、サービス以外でもNetflixのメンバーやNetflixを好きな方がブランドや作品と接点を持ち、つながりを深めてもらうことを目的にしています』

また、アニメに関連したアイテムが多い理由については下記のように説明しました。

『日本国内におけるNetflixの登録世帯数の約半数がアニメ作品を毎月5時間以上(1シーズンに相当)視聴しています。また、世界でも年間で1億世帯以上がNetflixでアニメを視聴し、カテゴリの視聴者層は広がりを見せています。こうしたことから、アニメ作品はNetflixにとって重要な注力分野であり、アイテムを通してより多くのアニメファンに喜んでいただけることに期待します』

Source:Netflix.shop