Netflix
SOPA Images via Getty Images

Netflixが別々の世帯でアカウントやパスワードを共有することを、まもなく取り締まる可能性があると示す手がかりが発見されました。

ストリーミング情報サイトThe Streamableは、一部のNetflix加入者が再生しようとしたときアカウント所有者と同じ世帯ではないと検出されて警告メッセージを受け取ったと報告しています。「このアカウントの所有者と同じ世帯でない場合は、視聴を続けるためにご自身のアカウントが必要」と表示されて、その後にメールまたはテキストコードでアカウントを確認するか、30日間無料トライアル付きで新アカウントの作成を迫られるとのことです。

NetflixはThe Streamableに対して、このテストは「Netflixアカウントを使っている人が、使用が許可されていることを確認するためもの」と回答しています。その判定がIPアドレスに基づいているのか、それとも別の指標を目安としているのかは不明です。

じっさいNetflixは利用規約で「お客さまのご家庭以外の方と共有することはできません」として他の世帯とのパスワード共有を禁止しています。以前からパスワード共有を監視していることは公表していますが、2020年10月当時はそれに関して「大きな計画を発表する予定はない」とも述べていました

とはいえ競合する動画配信サービスDisney+は開始からわずか1年4ヶ月で加入者数が1億人を突破しており、約2億4000万人(2020年末時点)のNetflixを猛烈な勢いで追い上げています。Netflixはオリジナル番組作りに莫大な費用をかけており、もしも収益に余裕がなくなればパスワード共有をより厳しく禁止するのかもしれません。

Source:The Streamable