iPhone

先日、iPhoneを特定のSSID(ネットワーク名)を持つWi-Fiネットワークに繋ぐと、Wi-Fi接続機能が完全に無効化されるバグが報告されていました。それから約2週間後、同様の問題を引き起こすSSIDが発見されたと伝えられています。

今回報告したのは、前回と同じセキュリティ研究者のCarl Schou氏です。Schou氏はTwitterで、「%secretclub%power」という名前を持つWi-Fiネットワークの範囲内に入ると、iPhoneがWi-Fi関連の機能が使えなくなるとの警告を発しています。

新たなバグでは全てのネットワーク設定をリセット(「設定」アプリの「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」)しても症状は治らないとのことです。この問題を解決するのはiPhoneを工場出荷状態に初期化する他ないと思われますが、実際に誰かが試したという報告もないため、同じ症状となっても早まって行わない方がよさそうです。

前回の問題は、iPhoneが「%p%s%s%s%s%n」というSSIDを持つWi-Fiネットワークがあり、ユーザーがそこに接続したとき初めて症状が発生し、しかも上記のネットワーク設定リセットにより復旧できました。しかし今回の新たな問題は、Wi-Fiの範囲内にiPhoneが入っただけで直ぐに発生してしまうため、より深刻度が高いと思われます。

「%secretclub%power」と「%p%s%s%s%n」はともに「%」の記号を含んでいますが、iOSはこうした文字列をテキストではなく変数名またはコマンドとして解釈していると推測されます。つまりバグはこれら2つに限らず、「%s」、「%p」、「%n」といった文字列を使った亜種のSSIDは他にも複数が存在すると思われます。

ユーザー個人としては、なるべくSSIDに「%」の含まれているWi-Fiネットワークに繋がないことが(今回は範囲内に入っただけで発動してしまいますが)自衛策になりそうです。より根本的な解決として、アップルが問題に対処したソフトウェアアップデートを配信することを待ちたいところです。

Source:Carl Schou(Twitter)

via:9to5Mac