iMac
Apple

次期iPad Pro向けらしきプロセッサの手がかりに続き、未発表iMacへの言及が最新の開発者向けmacOS Big Sur 11.3ベータ5内から見つかったと報じられています。


米9to5MacがmacOS Big Sur最新ベータ版のコードを調べたところ、2つの新たなiMacを示す識別子が含まれており、それぞれ「iMac21,1」と「iMac21,2」だったとのこと。ただし、これらの数字はディスプレイサイズとは関係ない(21.5インチiMacの後継機というわけではない)と述べられています。

そもそも、M1チップに続くAppleシリコン搭載iMacの噂が本格化したのは、今年初めのBloomberg報道がきっかけです。画面がナローベゼルとなりPro Display XDRに似てるともウワサされる新モデルは2つ(21.5インチと27インチ)があり、コード名も「J456」「J457」の2種が用意されていると報じられていました。

さらに開発ツールxCodeのログからAppleシリコンiMacらしき痕跡が見つかったのに続き、iMac Proや21.5インチiMacの一部構成も販売終了となっており、新型iMacがもうすぐ登場しそうな気配が漂っています。


噂されていた3月中の新製品発表イベントは幻に終わりそうですが、代わって4月での開催が有力視されつつあります。次期iPad Proが間もなく発表される可能性もサードパーティ製品の数々から高まっており、来月はアップルファンの戦いならぬ「多々買い」が始まるのかもしれません。

Source:9to5Mac