Engadget

こんにちはEngadgetのつくね伯爵です。普段は記事を書く・編集する仕事をしています。最近は在宅ワークがメインですが、必要があればおうちを出て出社したり、取材したりしています。1年ほど生地が薄くてペラペラな布袋みたいなリュックにPC等をつめこんで仕事で外出していましたが、生地が破けたので新しいリュックを買いました。

11月26日(金)に渋谷での取材を終えたのちに、とにかく沢山歩いて「ピクミンブルーム」進めつつリュックを探していました。何件かお店をめぐった末に、宮下公園にある商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」のNew Eraで見つけました「岡本太郎コラボ リュック ライトパック」を。

Engadget

リュックに描かれているイラストのもととなる「明日の神話」は、原爆が炸裂する悲劇の瞬間を描いた巨大壁画作品です。メキシコのホテルのロビーに展示する為に岡本太郎氏が何度も渡墨して制作した壁画なのですが、依頼者の経営状況が悪化したことでホテルは未完成となり壁画は行方がわからなくなりました。2003年にメキシコシティ郊外で発見され、修復されたのちに渋谷駅連絡通路内にされています。

そんな「明日の神話」リュックを渋谷で見つけたことに運命的なるものを感じてPCが入るという最低条件を確認して、即購入しました。

Engadget
このイラストは縫い付けで描かれているので、掠れてイラストが消えるといったことはないです。帽子をかぶっているのがNew Era要素

人は残酷な惨劇さえも誇らかに乗り越えることができる、そしてその先にこそ『明日の神話』が生まれるのだ

という岡本太郎氏のメッセージとおり、イラストが大変エネルギッシュでリュックからもパワーが溢れています。

Engadget

リュックとしてのスペックはサイズが高さ46cm、幅30cm、マチ23cm、容量27Lです。MacBook Proとカメラとペットボトルが入ればいいかなと思っている私にとっては、必要十分です。最近までぺらっぺらなリュックを使っていたせいか、改めて背面にクッションがあり生地やチャックがしっかりしてるリュックがなんと心強いことか。

Engadget
Engadget
13インチのMacBook Proもしっかり収納できますPCの収納部はクッションがあるので保護力もバッチリ。PCはこれより大きいと収納は難しそうです。13インチを使ってて良かった〜
Engadget
小物がはいる収納ポケット
Engadget
入館証や名刺入れなどが入りそうな内側ポケット

かっこいい仕事用リュックだな〜。と満足していました。

いました。

Amazonでは大規模セール「ブラックフライデー」を12月2日(木)23時59分まで開催中です。今回ご紹介したこの明日の神話リュックも対象となっており、通常時は1万2100円ですが、5879円(49%)OFFの6221円にて販売しています。

Engadget
New Era 岡本太郎コラボ リュック ライトパック

ちなみに筆者は店舗にて定価で購入しました。11月26日に購入して、ブラックフライデーがはじまったのも11月26日……。後悔はありません(店員さんにサイズ確認や製品説明を丁寧にしていただきましたし、前述の通りやっぱり渋谷で見つけて即購入したことが良かったので)。

ちなみに容量の多い35Lの白い岡本太郎コラボリュックもセール対象で6082円 (48%)OFFの6568円となっています。

Engadget
New Era 岡本太郎コラボ リュック ラックサック

参考リンク:明日の神話 | 岡本太郎記念館