新型iMac、早ければ今週中に発表? AirPods Studioや新小型HomePodの噂も  

iMacのデザイン刷新はApple Silicon版待ち

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年07月27日, 午後 01:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
newimac
Noah Berger/Bloomberg via Getty Images

新型iMacの噂が相次いでいるなか、インテルプロセッサ搭載モデルが早ければ今週発表されるものの、デザインの刷新はApple Siliconモデルまで待つ必要があるとの予想が伝えられています。

まずリーカー(未確認情報をもたらす人)のkomiya_kj氏は「iMacは水曜日」(ツイートした日が先週23日のため、今週の29日を指す)か月曜日とツイート。それと合わせてAirPods Studio(未発表オーバーイヤーヘッドホン)と新型HomePodおよび小型版のMiniも順次発表されると示唆しています。

またAnonymousと称するアカウントも、有名リーカーL0vetodream氏へのリプライの形でほぼ同様の趣旨をツイートしています。

いずれもApple未発表製品の予測に実績ある人物とはいえないため、信ぴょう性には疑問が残ります。が、米9to5Macは今月初めにGeekbenchのテスト結果に未発表のiMacと称されるデバイスが登場したことでリリースが差し迫っている可能性があるとして、これらの説を支持しているかっこうです。

アップルがイベント開催をせず、プレスリリースのみで新型Macを発表した前例はいくつもあります。たとえば2019年7月にはMacBookAirと13インチMacBook Proをリリースしたこともありました。

しかし著名リーカーのJon Prosser氏はこの噂を「Nope」として否定。ただダメ出ししたのは時期だけのもようで、そうではなく8月発表だと示唆しています。

そして2つ目の噂は、インテルプロセッサ搭載iMacではデザイン刷新が見送られるということ。やはりリーカーのJioriku氏が「第10世代インテル版モデルの更新では再設計はない」「自分たちのSilicon(Apple Silicon Mac)まで取っておく」とつぶやいており、上記のProsserも見解が一致しています。

そもそもiMacのデザイン刷新を最初に言い出したのは、アップルのインサイダー情報に詳しいSonny Dickson氏でした。2012年以来iMacの「分厚いベゼルや画面下部のアゴ」といった基本デザインは維持されたままですが、Dickson氏いわく新型iMacは「iPad Proのデザイン文法を採用し、Pro Displayのようなベゼル」とのことでした。

Dickson氏は6月のWWDC20で発表、すなわちインテルチップ搭載モデルを示唆していましたが、むしろデザイン刷新はApple Silicon Macで広い客層に訴求できる武器とする戦略が理に叶っているとも思われます。

これらリーカー達が否定している刷新は、あくまで外面のデザインだけ。すなわちDickson氏のいうApple T2セキュリティチップ搭載やAMD Navi GPUの採用、Fusion Drive(T2チップと両立しない)を廃止=完全にSSDに移行する可能性は残されています。

ほかAirPods Studioや小型HomePodのゆくえも気になるところ。噂の真偽はまもなく分かるため、弊誌でも続報がありしだいお伝えします。

Source:komiya_kj(Twitter)

Via:9to5Mac

 
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, applerumor, imac, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents