iPhoneSEPlus
Apple

今年4月に発売されたiPhone SE(第2世代)は、高性能でありながら買いやすい価格なことから人気を呼んでいますが、その次期モデルに関して「2021年前半に登場する可能性は低い」とのアナリスト予測が報じられています。

アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏の投資家向けノートによると、台湾の光学レンズサプライヤー天才電子光学(GSEO)は、成長を加速するために2021年上半期の「新しいiPhone SE」に依存すると言われるが、そのような発表を期待すべきではないとのことです。

この分析の前提にあるのは、Kuo氏が以前から唱えているiPhone SE第2世代の大型バージョン、通称iPhone SE Plus(仮)が開発中との主張です。同氏はこのデバイスの画面サイズが5.5インチまたは6.1インチであり、かつては「2021年の早い時期に発売」と予測していましたが、後に2021年後半に延期されると修正しています。今回のレポートも、そのことの再確認となるかっこうです。

ほかKuo氏は、iPhone SE Plusが側面にTouch ID内蔵電源ボタンを備えているとも予測していました。デバイス前面からホームボタンをなくして画面サイズを広くする工夫は、まさに第4世代iPad Airにて採用されたアプローチでもあり、かなりの説得力があると言えそうです。

また今回の最新ノートで、Kuo氏はiPhone 13(仮)シリーズが来年後半にリリースされる予定とも述べています。つい先日も、同氏はiPhone 13シリーズがiPhone 12シリーズと同じ画面サイズの4機種構成となり、そのうちProモデルのカメラは大きく改善されるとの見通しを述べたばかりです

しかし「高性能かつ比較的低価格」はiPhone 12 miniの特徴でもあり、5.4インチの画面サイズもiPhone SE Plusの5.5インチ~6インチとの予測と被る感があります。もしKuo氏の予想が本当だとすれば、アップル社内でもiPhoneモデルごとの位置づけに頭を悩ませている最中かもしれません。

Source:9to5Mac