Apple
Apple

アップルが、Mac Proに新しいGPUオプションとして、AMD Radeon Pro W6800X、W6900X、W6800X Duoの3種類を追加しました。オンラインのApple Storeではすでにオプション指定が可能になっています。

これらの新しいGPUは、従来のVega II GPUに比べてワット当たりのパフォーマンスが50%以上強化されているとのことで、それに伴いGPU負荷の高いアプリケーションのパフォーマンス向上が期待できます。

たとえばGPUベースのレンダリングエンジンソフトウェアの「Octane X」で最大84%のパフォーマンス向上が期待できるとのこと。一方で3Dのモデリングやアニメーション製作、シミュレーション、レンダリングなどが可能なソフトウェア「Cinema 4D」で26%、8K編集やカラーコレククション、オーディオのポストプロダクションなど高機能な動画編集ソフト「DaVinci Resolve」では23%と、やや控えめな高速化に落ち着いてはいるものの、より高速であることに違いはないため、これからMac Proを購入するのなら、新GPUオプションを選択しない手は(予算にもよりますが)なさそうです。

その名称から、これら新しいGPUオプションはコンシューマー向けGPUのRadeon RX 6800 / RX 6900シリーズをベースとしていることは想像に難くありません。とはいえ、Radeon Pro W6800X、W6900X、W6800X Duoでは、プロユースに対応するための仕様強化がなされています。たとえばいずれのGPUボードもThunderbolt 3端子x4、HDMI 2.0端子x1を搭載するほか、W6800X DuoならMac Proの2つのGPUスロットを利用して最大4つのGPUコアを搭載可能。W6800X Duo上の2つのGPUはPCIeの最大5倍の転送速度を持つInfinity Fabric Linkで相互通信でき、マルチGPU対応のアプリケーションをさらに高効率で駆動できます。

Apple
Apple

Radeon Pro W6800X、W6900X、W6800X Duoは、Radeon Pro Vega II / Vega II Duoオプションのアップデートとしてこれらと入れ替わりにラインナップされます。最も安価なRadeon Pro 580Xを搭載したMac Proと比較した場合の追加費用(税込)は、W6800X 1枚で26万4000円、W6900X 1枚なら61万6000円、そしてW6800 Duoの場合は50万6000円。各GPUカードを2枚ずつ搭載するオプションでは単純に追加費用も2倍とはいかず、やや割高になるのが不思議なところですが、アグレッシブにパフォーマンスを追及する必要があるのなら金に糸目を付けるべきではないのかもしれません

今回はGPUオプションのアップデートだけですが、Mac Proまわりではインテルチップ版Mac Proの最終形態としてIce Lakeアーキテクチャ採用の第3世代Xeonプロセッサーを搭載したモデルがうわさされていますが、こちらは2022年までは登場しないと見られています。また、2022年には40ものコアを搭載するApple Silicon版Mac Proの話もあるものの、ハイエンドx86アーキテクチャーに最適化されたソフトウェアを使用するのなら、インテルCPUと今回のRadeon Pro W6000Xシリーズを搭載するMac Proを選ぶ方が効率的かもしれません。

ちなみに、Radeon Pro W6000Xシリーズオプションは2019年以降のMac Pro現行モデルに対応しています。オンラインのApple Storeでは単体購入も可能になっておりRadeon Pro W6800Xは税込30万8000円W6900Xは税込66万円、そしてW6800X Duoは税込55万円です。

Source:Apple